@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山崎闇斎【やまざき あんさい】

美術人名辞典

山崎闇斎
江戸前期の儒者・神道家。京都生。名は、字は敬義、通称は嘉右衛門、別号を垂加。初め禅僧となるが、谷時中儒学を学び儒者となる。のち、神道に傾倒し神儒の総合として唯一神道を提唱。それをもとに歴史の考察を試み、後世の復古運動に影響を与えた。天和2年(1682)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

やまざき‐あんさい【山崎闇斎】
[1619~1682]江戸前期の儒学者・神道家。京都の人。名は嘉。別号、垂加(しでます)。禅となったが朱子学を学んで還俗し、江戸・京都で教授、門下6000人といわれた。のち、吉川惟足(きっかわこれたり)から神道を学び、神儒一致説を唱え、垂加神道を興した。「垂加文集」「神代巻風葉集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山崎闇斎 やまざき-あんさい
1619*-1682 江戸時代前期の儒者,神道家。
元和(げんな)4年12月9日生まれ。はじめ僧。谷時中(じちゅう)にまなび朱子学にめざめる。正保(しょうほ)4年「闢異(へきい)」をあらわし,仏教を異端とし朱子学信奉の立場をとる。寛文5年会津(あいづ)藩主保科(ほしな)正之の師となり,その縁で吉川惟足(これたり)から神道を伝授され,神儒統合の垂加神道を創始した。崎門学派の祖。天和(てんな)2年9月16日死去。65歳。京都出身。名は嘉。字(あざな)は敬義(もりよし)。通称は嘉右衛門。別号に垂加。著作に「文会筆録」など。
【格言など】光風霽月(せいげつ)今猶(なお)在り唯欠く胸中洒落(しやらく)の人(「有感」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまざきあんさい【山崎闇斎】
1618‐82(元和4‐天和2)
江戸前期の儒者,神道家。字は敬義,名は嘉,通称嘉右衛門。闇斎は号。別号垂加(すいか)。京の人。浪人の子として生まれ,1632年(寛永9)京都妙心寺に入って僧となり,土佐山内氏の一族湘南和尚のすすめで,36年土佐吸江寺に住した。当時土佐には谷時中,野中兼山,小倉三省などを中心に儒学(海南朱子学)が流行しており,その影響を受けた闇斎は42年儒に転じた。のち京に帰り,次いで還俗してもっぱら純正朱子学を講じ,学ぶ者が多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山崎闇斎
やまざきあんさい
[生]元和4(1619).12.9. 京都
[没]天和2(1682).9.16. 京都
江戸時代前期の朱子学派の儒学者,神道家。名は嘉,字は敬義,通称は嘉右衛門,闇斎は号,別号は垂加。父は鍼医清兵衛。初め僧として妙心寺に入り,寛永 13 (1636) 年土佐吸江寺に行き,谷時中に朱子学を学んだ。還俗して儒学者として立とうとしたため土佐を追われ,京都に帰り,明暦1 (55) 年家塾を開き,名分論の尊重と峻厳な学風で知られた。万治1 (58) 年江戸に出,以後江戸と京都に半年ずつ住み,井上正利,加藤泰義,さらに会津藩主保科正之に招かれて学を講じた。寛文 11 (71) 年吉川惟足に吉田神道の伝を受け,『太極図説』と『日本書紀』神代巻を習合した神儒一致を説き,垂加神道を創始した。佐藤直方,三宅尚斎,浅見絅斎の崎門三傑をはじめ,門人がきわめて多く,6000人と称され,朱子学派,神道派,史学派の3分流となって,尊王主義の源流を形成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山崎闇斎
やまざきあんさい
(1618―1682)

江戸前期の儒者、神道(しんとう)家。名は嘉、字(あざな)は敬義(もりよし)。15歳で剃髪(ていはつ)して絶蔵主と称した。29歳還俗(げんぞく)して嘉右衛門と称し、儒者号を闇斎、神道号を垂加(すいか)と称した。祖父の山崎浄泉(1557―1624)は播磨(はりま)国宍粟(しそう)郡山崎村の人。初め木下肥後守家定(ひごのかみいえさだ)(1543―1608)に仕え、寛永(かんえい)元年京都に没す。父の浄因(1587―1674)も木下家に仕え、のち京都に隠居、医を業とした。

 浪人の子として京に成長した闇斎は、幼少のとき比叡山(ひえいざん)に送られて侍童となり、15歳で妙心寺の僧となる。土佐藩主山内家の一族湘南和尚(しょうなんおしょう)(?―1637)の勧めにより、土佐の吸江寺(きゅうごうじ)に転住、将来を嘱望されたが、ここで交わった谷時中(たにじちゅう)、野中兼山など海南朱子学の人々の影響を受けて帰儒還俗した。1655年(明暦1)38歳で初めて京に講席を開き、『小学』『近思録』、四書、『周易(しゅうえき)本義』および『程(てい)伝』を講じ、純正程朱学を唱導、厳密な学風と凛厲(りんれい)の教授法により佐藤直方(さとうなおかた)、浅見絅斎(あさみけいさい)など多数の門人を養成した。

 1657年の正月『倭鑑(やまとかがみ)』を起草しようとして京都藤森社に詣(もう)で、「親王(舎人(とねり))強識出郡倫、端拝廟前感慨頻、渺遠難知神代巻、心誠求去豈無因」(親王、強識郡倫(ぐんりん)に出ず。端拝廟前(びょうぜん)感慨しきり。渺遠(びょうえん)知り難き神代の巻。心、誠に求め去れば、あに因なからん)と賦した。神儒並行の思想的立場をいちおう確立した彼は、翌1658年江戸に東遊し、帰途伊勢(いせ)神宮に参拝する。1665年(寛文5)には4代将軍家綱(いえつな)の後見役会津藩主保科正之(ほしなまさゆき)の賓師(ひんし)となり、ここにおいて純正朱子学を武家社会に広布しようとする闇斎の目的はほぼ達成された。同時に正之は日本の道としての神道に関心をもち、家臣服部安休(はっとりあんきゅう)(1619―1681)を鎌倉に幽居中の吉川惟足(よしかわこれたり)のもとに遣わして神道を就学させた。ついで正之は、惟足を藩邸に招いて自らも神道の奥秘を伝授され、土津(はにつ)の霊社号を受けた。闇斎も東下の途中伊勢神宮に参拝、1669年(寛文9)10月には大宮司の河辺精長(かわべきよなが)(1602―1688)から中臣祓(なかとみのはらえ)の秘伝を受ける。1671年8月には吉川惟足から吉田神道の秘伝を受け、垂加霊社の号を授けられ、闇斎は神道家としても独立の地位を認められるに至った。1673年(延宝1)正之の葬に会して会津に下向した彼は、このとき以後毎年の東下をやめ、京において著述と教育に専念した。1682年(天和2)9月16日二条猪熊(いのくま)の寓居(ぐうきょ)に没し、黒谷山に葬られた。65歳。翌1683年5月畢生(ひっせい)の大著『文会筆録』が梓行(しこう)された。

 闇斎の伝記としては『闇斎先生年譜』(天保(てんぽう)9年9月刊、山口重昭跋(ばつ))、出雲路通次郎編『山崎闇斎先生』(下、大正元年、御霊社刊)、『吾学紀年』(『続山崎闇斎全集』下巻所収。稲葉黙斎編、昭和12年刊)があり、その遺著は『山崎闇斎全集』5冊に集成刊行されている。同書に付載された池上幸二郎(1908―1985)の解題はもっとも信頼すべきものである。

[平 重道 2016年7月19日]

『日本古典学会編・刊『山崎闇斎全集』全5巻(1936~1937/復刊・1978・ぺりかん社)』『伝記学会編『増補 山崎闇斎と其門流』(1943・明治書房)』『神道大系編纂会編・刊『垂加神道 下巻』(1978)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

山崎闇斎 (やまざきあんさい)
生年月日:1618年12月9日
江戸時代前期の儒学者;神道家
1682年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまざき‐あんさい【山崎闇斎】
江戸前期の朱子学者、神道家。名は嘉。字は敬義。通称嘉右衛門。別号垂加(ひでます)。京都の人。初め僧となり、土佐で谷時中に南学を学ぶ。のち還俗し、失子学の純粋化・日本化に努め、門弟は数千人を数え、その学派を崎門学派と称する。寛文五年(一六六五)、四八歳で会津藩主保科正之に抱えられた。また、神道を修め、神道の「ツツシミ」に朱子学の「敬」を重ねた垂加神道を創始し、後世の尊王運動に大きな影響を与えた。著「垂加文集」「文会筆録」「中臣祓風水草」など。元和四~天和二年(一六一八‐八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山崎闇斎
やまざきあんさい
1618〜82
江戸前期の儒学者。崎門学派の祖
京都の人。初め僧となったが,のち土佐で谷時中に朱子学を学び,還俗 (げんぞく) して儒学者となった。京都で塾を開き,吉川惟足 (これたる) に神道を学んで神儒一致説を説き垂加神道を創唱した。江戸と京都に半年ずつ住み諸大名に教授し,また陸奥(福島県)会津藩主保科正之にも仕えた。門弟は6000人といわれ三宅尚斎・浅見絅斎 (けいさい) らを輩出したが,彼の宗教的傾向は門弟からも批判された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎闇斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山崎闇斎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation