@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山川均【やまかわひとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山川均
やまかわひとし
[生]1880.12.20. 岡山倉敷
[没]1958.3.23. 東京
社会主義理論家。同志社中退後,上京して守田有秋と『青年の福音』を刊行したが,1900年日本最初の不敬罪に処せられた。 06年『日刊平民新聞』の編集に参加,幸徳秋水派の論客として直接行動論を支持し,08年赤旗事件で懲役2年のを受けた。大逆事件後に出所し,一時帰郷したが,16年再び上京し,堺利彦売文社に入り,『新社会』の編集に参加。 19年売文社を解散し,「新社会社」を設立して『社会主義研究』を創刊。 22年日本共産党の創立に参加し,『無産階級運動の方向転換』を発表,大衆との結合を説いた。 27年共産党を離れ,雑誌『労農』を刊行,労農派の中心的理論家として活躍したが,37年人民戦線事件で検挙された。第2次世界大戦後は雑誌『前進』『社会主義』を刊行,51年社会主義協会結成し,大内兵衛とともに同人代表となるなど,日本社会党左派の理論的指導者として活躍 (→山川イズム ) 。著書に『山川均自伝-ある凡人の記録』 (1961) ,『山川均全集』 (66) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまかわ‐ひとし〔やまかは‐〕【山川均】
[1880~1958]社会主義者。岡山の生まれ。同志社中退後、社会主義運動に接近、赤旗事件投獄大正11年(1922)に日本共産党準備会に参加。山川イズムと呼ばれる「無産階級運動の方向転換」を発表するが、党が創設されると大衆運動との乖離(かいり)を批判し距離を置いた。昭和2年(1927)には雑誌「労農」を創刊。第二次大戦後は、日本社会党左派を思想的に指導、昭和26年(1951)に大内兵衛らと社会主義協会を結成。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山川均 やまかわ-ひとし
1880-1958 明治-昭和時代の社会主義者。
明治13年12月20日生まれ。山川菊栄の夫。堺利彦の売文社にはいり「新社会」を編集。共産党創立に参加し「無産階級運動の方向転換」を発表。昭和2年「労農」を創刊。人民戦線事件で投獄される。26年社会主義協会を結成,代表となった。「山川均全集」がある。昭和33年3月23日死去。77歳。岡山県出身。同志社中学中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまかわひとし【山川均】
1880‐1958(明治13‐昭和33)
明治・大正・昭和期の社会主義者。岡山県生れ。1897年同志社中学を中退し,上京,守田文治(有秋)を知った。1900年守田と始めた小雑誌《青年福音》掲載の一文がもとで不敬罪に問われ,重禁錮3年6ヵ月の刑に服した。04年仮出獄,平民社を訪ね,幸徳秋水を知った。帰郷後の06年2月日本社会党に入党し,同年12月幸徳の招きで上京,同党の機関紙日刊《平民新聞》の編集に従事した。08年赤旗事件で投獄されたため,大逆事件を免れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまかわひとし【山川均】
1880~1958 社会主義者。岡山県生まれ。売文社に入り1922年(大正11)日本共産党創立に参加、同年「無産階級運動の方向転換」を発表、その理論は山川イズムとよばれ、社会主義運動に大きな影響を与えた。のち解党を主張、離党後は労農派の中心的理論家となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山川均
やまかわひとし
(1880―1958)
社会主義者。明治13年12月20日岡山県倉敷に出生。1897年(明治30)学制改革に反対し同志社を中退、上京し、守田有秋(文治)を知る。1900年守田と始めた小雑誌『青年の福音(ふくいん)』掲載の文が不敬罪に問われ(不敬罪第1号)、重禁錮3年半の刑を受け入獄。04年仮出獄し、平民社に幸徳秋水を訪ね、感銘を受けて帰郷。06年日本社会党に入党、ついで幸徳に招かれ上京し、日刊『平民新聞』の編集に従事。08年赤旗事件で入獄中、大逆事件が起こったが、獄中にいたため命拾いした。出獄後郷里に戻り、薬屋を営む。最初の妻、大須賀里子との死別後、薬屋を閉じ、16年(大正5)に上京、堺利彦(さかいとしひこ)の経営する売文社に入り、ふたたび社会主義運動に参加。同年青山菊栄と結婚。ロシア革命後、精力的に民本主義批判の論陣を張り、マルクス主義の旗幟(きし)を鮮明にして、社会主義理論家の地歩を固めた。同時に荒畑寒村と労働組合研究会をつくり『青服(あおふく)』を発行、また水曜会を主宰して西雅雄(まさお)らの社会主義者を育てた。22年日本共産党の創立に参画、同年夏発表の「無産階級運動の方向転換」は、当時の運動に画期的な影響を与え、いわゆる「山川イズム」として一世を風靡(ふうび)した。再建された第二次共産党には加わらず、27年(昭和2)山川らによって『労農』が創刊されるに及んで、両者の対立は決定的となった。以後、山川は労農派マルクス主義の総帥として活動。37年人民戦線事件で投獄された。戦後、46年(昭和21)人民戦線を提唱し、統一戦線を志向したが、不成功に終わった。以後は社会党左派の立場から活動を続け、51年には社会主義協会を結成し、代表となった。昭和33年3月23日、膵臓癌(すいぞうがん)で死去。墓は倉敷・長連寺山門横の山川墓地にある。[鈴木裕子]
『『山川均全集』全20巻(既刊分=第2~10巻、19巻・1966~82・勁草書房) ▽山川菊栄・向坂逸郎編『山川均自伝』(1961・岩波書店) ▽小山弘健・岸本英太郎著『日本の非共産党マルクス主義者 山川均の生涯と思想』(1962・三一書房) ▽川口武彦著『山川均の生涯』全二巻(1986、87・社会主義協会出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまかわ‐ひとし【山川均】
社会主義者、評論家。岡山県出身。同志社中退後日本社会党にはいって「平民新聞」記者となり、赤旗事件に連座。大正末期、日本共産党創立に参加したのち、労農派、日本社会党左派の理論的指導者となる。著書「日本民主革命論」「ある凡人の記録」。明治一三~昭和三三年(一八八〇‐一九五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山川均
やまかわひとし
1880〜1958
明治〜昭和期の社会主義者
岡山県の生まれ。キリスト教から社会主義に転じ,1906年日本社会党に入党,'08年赤旗事件で投獄。出獄後いわゆる「冬の時代」には売文社に入り,マルクス主義の理論家として活動した。'22年日本共産党の創立に参画,『無産階級運動の方向転換』を発表,大衆との結合を主張した山川イズムをつくり,福本イズムと対立した。'28年離党し労農派の指導者として活躍。'37年人民戦線事件で検挙された。第二次世界大戦後,社会党左派の理論的指導者として活躍した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山川均」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山川均の関連情報

関連キーワード

紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation