@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山帰来【サンキライ】

デジタル大辞泉

さんきらい【山帰来】
ユリ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。全体にサルトリイバラに似るが、とげはない。夏、白い小花を開く。中国・インドシナ・インドに分布。地下の根茎を漢方で利尿・解熱・解毒薬にする。
サルトリイバラの別名。 花=春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

山帰来 (サンキライ)
植物。ユリ科の落葉つる性植物,薬用植物。サルトリイバラの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山帰来 (サンキライ)
植物。ユリ科のつる性低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんきらい【山帰来】
〘名〙
① ユリ科のつる性低木。台湾、中国、インドに産する。茎はなめらかで刺(とげ)がなく巻ひげをもつ。葉は長さ約一〇センチメートルの楕円形または卵状披針形で三行脈がある。葉腋(ようえき)から花柄を出し、ごく小さな白い花を密集してつける。地下の塊根を土茯苓(どぶくりょう)といい梅毒の薬にする。なめらさんきらい。
※言経卿記‐慶長二年(1597)一一月一四日「薬種山帰来半斤〈五分〉」
② 植物「さるとりいばら(菝葜)」の異名。
▼さんきらいの花《季・春》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山帰来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山帰来の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation