@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山手(やまのて)【やまのて】

日本大百科全書(ニッポニカ)

山手(やまのて)
やまのて

東京都、区部西側の台地からなる地区。「山の手」とも記す。東京区部は、赤羽、上野、皇居、品川(御殿山(ごてんやま))を結ぶ、ほぼ南北方向の急崖(きゅうがい)によって洪積台地と沖積低地に分かれる。それらを境する崖(がけ)は飛鳥(あすか)山、紅葉(もみじ)山、愛宕(あたご)山などのように低地からみると山をなしていることから山手といわれ、山手に対して低地を下町(したまち)とよぶ。

 標高約20~180メートルの平坦(へいたん)な武蔵野台地(むさしのだいち)のうち、吉祥寺(きちじょうじ)付近を通る南北線を境として、東部と西部では地形や地質がやや異なっている。この東部は東京都区部にあたり、とくに山手台地として区分される。山手台地のうち神田(かんだ)川―目黒川間の淀橋(よどばし)台(地)と立会(たちあい)川―多摩川間の荏原(えばら)台(地)は、標高40メートル余りのやや高い台地面で、武蔵野の大部分を占める武蔵野面より形成は古く、かつては浅海の海底面であった。谷は浅く緩やかで開析谷が多く、台地は複雑な地形をしている。それに対し、神田川以北の上野、本郷、目白台(地)や南の目黒台(地)は武蔵野面で、標高約20~40メートル、谷は直線状に切り込み、支谷は少ない。ここはかつて荒川や多摩川の系統の河川が運んできた土砂の堆積(たいせき)層からなる。山手台地は侵食谷で刻まれて坂が多く、下町の水路と橋に対して対照的な景観を示している。

 江戸時代、山手は武家屋敷、寺社用地として利用され、下町の町屋敷と対照的であった。明治維新後、武家屋敷地跡は軍用、皇室、官用地となり、現在は住宅地、外国大公使館地、政府機関、事務管理機能のビル街を形成している。環状線の山手線は、山手の重要な交通機関として多くの乗客を運び、新宿、池袋、渋谷は郊外私鉄のターミナルとして副都心とよばれる繁華街を形成している。サラリーマンなどが多く住み、東京人として、下町の江戸っ子気風と違った雰囲気をもっている。

[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山手(やまのて)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山手(やまのて)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation