@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山木 千賀(1代目)【ヤマキ センガ】

20世紀日本人名事典

山木 千賀(1代目)
ヤマキ センガ

明治・大正期の箏曲家(山田流) 山田流箏曲家元。



生年
弘化3年6月30日(1846年)

没年
大正10(1921)年6月24日

出生地
江戸

本名
小林 勝太郎

別名
前名=山林勾当,別名=山木検校(4代目)(ヤマキケンギョウ)

経歴
呉服商の家に生まれる。2、3代目山木検校に師事し、3代目没後、4代目山木を襲名して山木千賀と名乗る。作曲が多く、「三九年川(みくねがわ)」(合作)、「四季の遊」などが代表作。門下から越野栄松、藤井千代賀らが輩出

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山木 千賀(1代目)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山木 千賀(1代目)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation