@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山本安英【やまもとやすえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山本安英
やまもとやすえ
[生]1906.12.29. 東京
[没]1993.10.20. 東京
女優。本名千代。神奈川高等女学校卒業。 1921年2世市川左団次主宰の現代劇女優養成所に入所,24年築地小劇場の第1回研究生となった。 29年築地小劇場の分裂後は土方与志らと新築地劇団を創設,『何が彼女をさうさせたか』『女人哀詞』『土』など,リアルな演技で絶賛を博した。 40年同劇団が強制解散させられたのちは,放送劇,朗読の分野で活躍。第2次世界大戦後,木下順二,岡倉士朗,山田肇らの理論指導のもとに若い俳優志望者の養成を心がけ,47年4月ぶどうの会を結成,特に『夕鶴』の「つう」役では文部大臣賞をはじめ二十余の賞を得た。 64年9月同会解散後は,俳優養成のための勉強会のほか,プロデューサー・システムで山本安英の会を開催。ことに木下順二作『子午線 (まつ) り』は 79年の初演以来再演を重ね,高い舞台成果を上げた。独自の境地を開いた朗読にも定評があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまもと‐やすえ【山本安英】
[1902~1993]女優。東京の生まれ。本名千代築地小劇場新築地劇団に参加、のち「ぶどうの会」を主宰木下順二作「夕鶴」のつう役を1000回以上も演じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山本安英 やまもと-やすえ
1902-1993 大正-平成時代の舞台女優。
明治35年10月29日生まれ。大正10年初舞台。13年築地小劇場研究生となり「三人姉妹」などに出演,新劇の聖女とよばれた。昭和22年ぶどうの会を結成。24年「夕」初演,以後つう役は生涯の当たり役となる。40年から山本安英の会を主宰,木下順二の戯曲民話劇を演じつづけた。平成5年10月20日死去。90歳。東京出身。神奈川高女卒。本名は千代。著作に「鶴によせる日々」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまもとやすえ【山本安英】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山本安英
やまもとやすえ
(1906―1993)

新劇女優。本名千代。東京生まれ。1921年(大正10)2世市川左団次の女優養成所に入り、小山内薫(おさないかおる)作『第一の世界』で初舞台。24年小山内らの築地(つきじ)小劇場に参加、数多くの舞台に重要な役を演じた。29年(昭和4)土方与志(ひじかたよし)を擁し新築地劇団を創設、『女人哀詞』『土』などが代表的舞台。第二次世界大戦後は岡倉士朗(しろう)らと「ぶどうの会」を指導し、木下順二作『夕鶴(ゆうづる)』のつう役で絶賛を博し51年(昭和26)に文部大臣賞を受けた。65年「山本安英の会」を主宰、また木下らと「ことばの勉強会」の活動を行う。『夕鶴』の上演は回を重ねて84年7月には1000回に達し、その後も引き続き上演されている。半世紀に及ぶ演劇活動により74年に朝日文化賞を受賞。随筆集『素顔』(1936)などがある。

[祖父江昭二]

『岡倉士朗・木下順二編『山本安英舞台写真集』(1960・未来社)』『山本安英著『舞台と旅と人と』(1979・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまもと‐やすえ【山本安英】
女優。東京の生まれ。本名、千代。築地小劇場・新築地劇団に参加。のち「ぶどうの会」を主宰。木下順二作「夕鶴」のつう役を一〇〇〇回以上も演じた。明治三五~平成五年(一九〇二‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本安英」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山本安英の関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation