@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山本荷兮【ヤマモトカケイ】

デジタル大辞泉

やまもと‐かけい【山本荷兮】
[1648~1716]江戸前中期俳人・医師。名古屋の人。名は周知芭蕉門下で、俳諧七部集のうち「冬の日」「春の日」「曠野(あらの)」を編む。のち蕉風を離れ、晩年連歌に転じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山本荷兮 やまもと-かけい
1648-1716 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安元年生まれ。尾張(おわり)名古屋の医師。貞享(じょうきょう)元年松尾芭蕉(ばしょう)をむかえて歌仙を興行。「冬の日」「春の日」「阿羅野」を編集。のち昌達の号で連歌師となった。享保(きょうほう)元年8月25日死去。69歳。名は周知。別号に加慶,橿木堂(きょうぼくどう)。
格言など】あたらしき茶袋ひとつ冬籠り(「春の日」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまもとかけい【山本荷兮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

やまもと‐かけい【山本荷兮】
(江戸前期の俳人) ⇒かけい(荷兮)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本荷兮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山本荷兮の関連情報

関連キーワード

ル・ナン[兄弟]三十年戦争フロンドの乱享保徳川吉宗享保の改革クリスチャンルナン八十年戦争シケイラ・デ・ソウザ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation