@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山本薩夫【やまもとさつお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山本薩夫
やまもとさつお
[生]1910.7.15. 鹿児島
[没]1983.8.11. 東京
映画監督。早稲田大学独文科中退後,1933年松竹に入社,成瀬巳喜男師事,1934年 PCL (東宝前身) に転じて 1937年処女作『お嬢さん』を発表した。第2次世界大戦後亀井文夫と共同で『戦争平和』 (1947) を発表,戦争の悲劇を強烈に描いて注目された。 1950年独立プロの新星映画社に参加,『暴力』 (1950) ,『箱根風雲録』 (1952) ,『真空地帯』 (1952) など,社会批判を盛込んだ作品を生んだ。これらは当時の独立プロブームを招いた問題作として,今日なお高く評価されている。そのほか荷車の歌』 (1959) ,『証人の椅子』 (1965) ,『戦争と人間』 (3部作,1970~73) ,『華麗なる一族』 (1974) ,『不毛地帯』 (1976) ,『あゝ野麦峠』 (1979) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまもと‐さつお〔‐サツを〕【山本薩夫】
[1910~1983]映画監督。鹿児島の生まれ。成瀬巳喜男に師事。社会派として知られる。代表作「真空地帯」「白い巨塔」「戦争と人間」「華麗なる一族」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山本薩夫 やまもと-さつお
1910-1983 昭和時代の映画監督。
明治43年7月15日生まれ。成瀬巳喜男に師事し,昭和12年PCL(のちの東宝)の「お嬢さん」で初監督。戦後,亀井文夫と「戦争と平和」を共作。23年東宝争議で退社,のち独立プロを中心に活動した。昭和58年8月11日死去。73歳。鹿児島県出身。早大中退。作品に「白い巨塔」「戦争と人間」「あゝ野麦峠」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまもとさつお【山本薩夫】
1910‐83(明治43‐昭和58)
映画監督。戦後日本の独立プロ運動の先駆者であり,〈左翼〉のレッテルをはられながら商業主義体制のなかで大衆娯楽映画をつくりつづけた異色の〈社会派〉の巨匠である。官吏の子として鹿児島市に生まれ,四国の松山中学をへて早稲田大学に学び,演劇を通じて左翼の学生運動に加わって退学処分を受ける。1933年,松竹蒲田撮影所に入って成瀬巳喜男の助監督となり,34年,成瀬についてPCL(東宝の前身)に入社。吉屋信子短編小説の映画化《お嬢さん》(1937)を第1作として監督に昇進する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山本薩夫
やまもとさつお
(1910―1983)
映画監督。鹿児島市生まれ。左翼運動により早稲田(わせだ)大学独文科を1年で中退。1933年(昭和8)松竹蒲田(かまた)へ。成瀬巳喜男(なるせみきお)の助監督につき、成瀬の移籍に従いPCL(東宝の前身)入社。1937年に監督昇進、『熱風』(1943)で注目されるが、本格的活躍は第二次世界大戦後、東宝争議で退社後のフリー時代に始まる。1950年代独立プロ運動の先陣となった『暴力の街』(1950)、痛烈な皇軍告発の『真空地帯』(1952)、農婦の一代記『荷車の歌』(1959)、裁判批判の『証人の椅子(いす)』(1965)等のメッセージ映画に力量を発揮、左翼社会派作家の地位を不動にした。一方、『白い巨塔』(1966)、『華麗なる一族』(1974)、『金環蝕(しょく)』(1975)、『不毛地帯』(1976)等の作品では、医、政財界の裏面劇をメロドラマ的手法で重厚に描き娯楽映画の才腕も示す。この両面性は時代劇『忍びの者』(1962)、『戦争と人間』三部作(1970~1973)、『あゝ野麦峠』(1979)にもみられる。遺作『あゝ野麦峠・新緑篇(へん)』(1982)。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

お嬢さん(1937)
母の曲 前後篇(1937)
田園交響曲(1938)
家庭日記 前後篇(1938)
新篇丹下左膳 隻手(そうしゅ)篇(1939)
(うる)はしき出発(1939)
街(1939)
リボンを結ぶ夫人(1939)
そよ風父と共に(1940)
姉妹の約束(1940)
歌へば天国(1941)
翼の凱歌(1942)
熱風(1943)
戦争と平和(1947)
こんな女に誰がした(1949)
暴力の街(1950)
箱根風雲録(1952)
真空地帯(1952)
日の果て(1954)
太陽のない街(1954)
愛すればこそ~第三話「愛すればこそ」[吉村公三郎、今井正とのオムニバス](1955)
市川馬五郎一座顛末(てんまつ)記 浮草日記(1955)
雪崩(1956)
台風騒動記(1956)
赤い陣羽織(1958)
荷車の歌(1959)
人間の壁(1959)
武器なき斗い(1960)
松川事件(1961)
乳房を抱く娘たち(1962)
忍びの者(1962)
赤い水(1963)
続・忍びの者(1963)
傷だらけの山河(1964)
にっぽん泥棒物語(1965)
証人の椅子(1965)
スパイ(1965)
氷点(1966)
白い巨塔(1966)
にせ刑事(1967)
座頭市牢(ろう)破り(1967)
ドレイ工場(1968)
牡丹燈籠(ぼたんどうろう)(1968)
ベトナム(1969)
天狗(てんぐ)党(1969)
戦争と人間 第一部 運命の序曲(1970)
天皇の世紀~第1話「黒船渡来」(1971)
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河(1971)
戦争と人間 第三部 完結篇(1973)
華麗なる一族(1974)
金環蝕(1975)
不毛地帯(1976)
天保水滸伝(てんぽうすいこでん) 大原幽学(1976)
トンニャットベトナム(1977)
皇帝のいない八月(1978)
あゝ野麦峠(1979)
アッシイたちの街(1981)
あゝ野麦峠 新緑篇(1982)
『山本薩夫著『私の映画人生』(1984・新日本出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本薩夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山本薩夫の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation