@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山村座【ヤマムラザ】

デジタル大辞泉

やまむら‐ざ【山村座】
歌舞伎劇場。寛永19年(1642)山村小兵衛江戸木挽町創設したという。江戸四座の一つであったが、正徳4年(1714)江島生島事件で廃絶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまむらざ【山村座】
江戸の歌舞伎劇場。創立については,小兵衛という者が1642年(寛永19)に興したとも,山村長兵衛が1644年(正保1)に興したともいうが,確証はない。また岡村座と称していたともいう。寛文(1661‐73)中期までは軽業などを演じる小芝居で,70年前後には大芝居となっていたようである。元禄期(1688‐1704)には,江戸四座の一つとして興行,《頼政万年暦》(1700),《けいせい三鱗形みつうろこ)》(1701)などを上演,1713年(正徳3)には助六劇の《花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)》を上演した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまむらざ【山村座】
江戸時代の芝居小屋。江戸四座の一。1642年山村小兵衛が江戸木挽町こびきちように開いたもの。江島事件のため1714年に廃絶。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山村座
やまむらざ
江戸の劇場名。創設年代は1642年(寛永19)といわれるが、確証はない。寛文(かんぶん)(1661~73)中期までは軽業(かるわざ)などを演じる小芝居で、1671年ごろから大芝居となり、山村長太夫(ちょうだゆう)を座元として、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろには中村、市村、森田の各座とともに江戸四座として栄えた。1714年(正徳4)1月、絵島(えじま)事件を起こしたため、2月8日に閉場を命じられ、5世長太夫は流罪になり、座は廃絶した。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまむら‐ざ【山村座】
江戸時代の歌舞伎劇場名の一つ。江戸三座と並ぶ江戸の代表的劇場。寛永一九年(一六四二)山村小兵衛によって木挽町(東京都中央区銀座七丁目)に創設という。以後、山村長太夫の代々が座元を務めた。正徳四年(一七一四)江島生島事件で廃絶。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山村座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山村座の関連情報

関連キーワード

コルネイユサン=マールシャンメレ蔵巴汗レンブラントガリレイピューリタン革命レンブラントピューリタン革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation