@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山村暮鳥【やまむらぼちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山村暮鳥
やまむらぼちょう
[生]1884.1.10. 群馬,棟高
[没]1924.12.8. 茨城,磯浜
詩人。本名,土田八九十。 1908年聖三一神学校卒業。キリスト教牧師となり,かたわら,北原白秋室生犀星萩原朔太郎を知り,『三人の処女』 (1913) ,『聖三稜玻璃』 (15) などの詩集に直観的で難解な象徴詩風を展開。その後次第に平明な牧歌的,人道主義的作風に転じ,『風は草木にささやいた』 (18) ,『』 (25) などの詩集を刊行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

山村暮鳥
1884(明治17)年、西群馬郡棟高村(現高崎市棟高町)生まれ。萩原朔太郎や室生犀星と人魚詩社を設立し、数々の作品を発表した。視覚に訴える斬新な手法で、日本近代詩に変革をもたらした。代表的な詩集に「風は草木にささやいた」「雲」などがある。1924(大正13)年、40歳で病死した。
(2007-12-20 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

やまむら‐ぼちょう〔‐ボテウ〕【山村暮鳥】
[1884~1924]詩人。群馬の生まれ。本名、土田八九十(つちだはくじゅう)。初期の前衛的な詩風から、晩年は平易な表現の人道主義的作風に至った。詩集「三人の処女」「聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)」「風は草木にささやいた」「」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山村暮鳥 やまむら-ぼちょう
1884-1924 明治-大正時代の詩人。
明治17年1月10日生まれ。聖三一神学校卒業後,伝道しながら詩をつくり,大正2年第1詩集「三人の処女」を出版。4年の「聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)」は斬新さで詩壇の話題となる。7年「風は草木にささやいた」で人道主義的詩風にたち,晩年は枯淡の境地にいたった。童話,童謡もかいた。大正13年12月8日死去。41歳。群馬県出身。本名は土田八九十(はくじゅう)。
【格言など】芸術のない生活はたえられない。生活のない芸術もたえられない(「雲」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまむらぼちょう【山村暮鳥】
1884‐1924(明治17‐大正13)
詩人。群馬県生れ。本名土田八九十。仲買商だった父が事業に失敗,小作農としての貧窮の生活を幼少年期に過ごし,工員ほか多くの職を転々,16歳のときに年齢をいつわって小学校の代用教員などもした。1902年6月前橋聖マッテア教会にて受洗。翌03年東京築地の聖三一神学校に入学し08年卒業。以後秋田県横手をはじめ湯沢,仙台,水戸,福島県平,ふたたび水戸と聖公会伝道師として各地に転任。18年秋結核のため喀血,翌年より伝道師の職を休職終焉の地茨城県磯浜にその晩期を過ごすこととなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山村暮鳥
やまむらぼちょう
(1884―1924)

詩人。明治17年1月10日、群馬県に生まれる。本名土田八九十(はくじゅう)。東京・築地(つきじ)の聖三一神学校卒業。伝道師として東北各地を放浪のかたわら、前田林外らの『白百合(ゆり)』に木暮流星の筆名で短歌を投稿、創作活動を始め、1910年(明治43)人見東明(ひとみとうめい)らの自由詩社に参加、機関誌『自然と印象』に『航海の前夜』その他を発表する。以後『文章世界』『創作』『早稲田(わせだ)文学』などを舞台に、精力的に詩作を続けた。処女詩集『三人の処女』(1913)を刊行後、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)、室生犀星(むろうさいせい)らと人魚詩社(1914)をおこし、『卓上噴水』(1915)を創刊するなど、文学と信仰のはざまを大きく揺れ動きながらも、生の苦悩と覚醒(かくせい)を基調とした独自の詩風を確立した。おもな詩集にシュールな詩風で知られる『聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)』(1915)、「人間」キリストを主題とした『風は草木にささやいた』(1918)、『梢(こずえ)の巣にて』(1921)のほか、『雲』(1925)、遺稿詩集『月夜の牡丹(ぼたん)』(1926)などがある。小説、童話なども手がけた。大正13年12月8日没。

[原 子朗]

『『山村暮鳥全集』全二巻(1961、62・弥生書房)』『『山村暮鳥全詩集』(1976・弥生書房)』『『山村暮鳥』(『近代文学研究叢書23』所収・1965・昭和女子大学)』『和田義昭著『山村暮鳥と萩原朔太郎』(1976・笠間書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまむら‐ぼちょう【山村暮鳥】
詩人。群馬県出身。本名土田八九十。聖三一神学校卒。「聖三稜玻璃」を発表、斬新な詩風で注目をあびるが、のち人道主義的・牧歌的な傾向を示した。詩集「風は草木にささやいた」「雲」など。明治一七~大正一三年(一八八四‐一九二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山村暮鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山村暮鳥の関連情報

関連キーワード

清仏戦争自由民権スーラ秩父事件ブルックナートルーマンウィリアムズクロイツァー洪英植ブリスク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation