@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山梨【ヤマナシ】

デジタル大辞泉

やま‐なし【山梨】
バラ科の落葉高木。山地に生え、葉は卵形で先がとがり、互生する。4月ごろ、白い5弁花が咲き、ナシに似た小さい実がなるが、食用にはならない。やまりんご。 秋 花=春》「―の花まづ白く峡(かひ)夜明/蓼汀」
ズミ別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまなし【山梨】
中部地方東部県庁所在地甲府市もと甲斐(かい)国にあたる。人口86.3万(2010)。
山梨県中北部の市。笛吹川の上流域ブドウ栽培が盛ん。人口3.7万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やまなし【山梨】
バラ科の落葉大高木。山地に自生。枝は黒紫色。葉は互生し、長楕円形。五月、径約2センチメートルの白色五弁花を散形につける。果実はナシに似るが小形で、黄色または紅色に熟す。オオズミ。山林檎。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまなし【山梨】
中部地方東部の内陸県。かつての甲斐かい国全域を占める。西部に赤石山脈・身延山地、東部に関東山地があり、北西部に八ヶ岳、南東部に富士山がそびえる。中央部に甲府盆地があり、富士川上流の釜無川・笛吹川が流れる。県庁所在地、甲府市。
山梨県北部の市。ブドウ・モモの栽培が盛ん。ワイン醸造のほか、機械工業も立地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまなし【山梨】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

山梨 (ヤマナシ)
植物。バラ科落葉高木。ウラジロノキの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨 (ヤマナシ)
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物。ザイフリボクの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨 (ヤマナシ)
植物。サルナシ科の落葉つる植物。サルナシの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨 (ヤマナシ)
植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物。ズミの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨 (ヤマナシ)
学名:Pyrus pyrifolia
植物。バラ科の落葉高木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨 (ヤマナシ)
植物。バラ科の落葉大高木。オオズミの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐なし【山梨】
[1] 〘名〙
① バラ科の落葉高木。本州の関東以西、四国、九州の山地に生える。高さは一〇~一五メートル。葉は互生し、長さ七~一二センチメートルの卵形で先端はとがり、縁に細鋸歯(きょし)がある。四月ごろ枝先に白色の五弁花を散房状につける。果実は球形の梨果で熟すと褐色になる。やまりんご。《季・秋》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※枕(10C終)四〇「葉のいみじうこまかにちひさきがをかしきなり。楝の木。山橘。山なしの木」
② 植物「ずみ(桷)」の異名。〔大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)〕
※落窪(10C後)一「いかで堪へ侍らむとの給へば、女、山なしにてこそはといらふ」
[2]
[一] 山梨県中部の地名。笛吹川が貫流。かつては米作・養蚕地帯であったが、現在はブドウ・モモの果樹栽培がさかん。上代から知られた名所差出ノ磯、清白寺仏殿(国宝)、窪八幡神社などがある。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 甲斐国・山梨県の旧郡名。明治一一年(一八七八)東西二郡に分かれた。西山梨郡の全域は甲府市に含まれ、東山梨郡域にも、山梨市、塩山市が市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまなし【山梨】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山梨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山梨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation