@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山水【サンスイ】

デジタル大辞泉

さん‐すい【山水】
[名]
山と水。山と水のある自然の景色。
築山(つきやま)と池とがある庭園。「枯(かれ)山水
山水画」の略。
山から出る水。やまみず。〈日葡
[形動ナリ]ものさびしいさま。みすぼらしいさま。
「―なる者ありしが、洗濯をしたく思へど着替へなし」〈咄・居合刀・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐みず〔‐みづ〕【山水】
山から流れ出る水。
山と水。また、山と水のある風景。さんすい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんすい【山水 shān shuǐ】
山水は自然のかたちであり自然そのものである。唐末に風景という用語もあるが,それは風と光とを意味し,中国人は自然をそこまで非実体化し抽象化することはなかった。《山海経(せんがいきよう)》は山々に神々が住むことをいうが,竜身,蛇身,魚身の神々も多く,山神であると同時に水神でもあろう。神話的世界の神としては洪水神が最も古いが,夏系の鯀(こん)やが魚身からに変じて治水を行ったとか,竜身の共工という洪水神をもつ羌(きよう)(すう)を祖神とするといったように山神・水神は対をなしているようで,苗系の女媧(じよか)・伏羲(ふくぎ)の説話のように破壊と復活を意味し,山水は神と,聖と俗といった観念でとらえられていたかもしれない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さん‐すい【山水】
[1] 〘名〙
① 山と水。山と河。また、自然地理的な山河から転じて、世俗的人間社会と対比される自然界一般をいうことがある。
※懐風藻(751)遊龍門山〈葛野王〉「命駕遊山水、長忘冠冕情」 〔魏志‐賈詡伝〕
② 視覚的な景観に重きをおいて、山と水とのある景色。自然の風景。
※懐風藻(751)侍宴〈守部大隅〉「聖衿愛韶景。山水翫芳春」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「自から烏有(ういう)の山水を刻画(こくくゎく)して」
※山槐記‐治承四年(1180)一〇月九日「雖南殿、山水障子可何難哉」
※咄本・軽口御前男(1703)二「床にかかりし雪舟の山水(サンスイ)の掛物を見て」
※作庭記(1040頃か)「よりくる所々に風情をめぐらして、生得の山水をおもはへて」
⑤ 山中にある水。やまみず。たにがわ。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔戦国策‐楚策・頃襄王〕
⑥ 酒。
※経覚私要鈔‐宝徳二年(1450)八月六日「就其雖軽微憚入候、山水二双・一種令覧之候」
[2] 〘形動〙
① わびしいさま。物さびたるさま。おちぶれてみすぼらしいさま。貧しげなさま。
※評判記・色道大鏡(1678)一「山水 物のさびたる事に云ふ。少分なる事にもいふ」
※咄本・軽口居合刀(1704)四「さんすいなる者ありしが、洗濯をしたく思へど着がへなし」
② 小粋な姿のさま。
※評判記・野良立役舞台大鏡(1687)小桜千之助「おひめさま役をうけ取村山座の太夫也。さんすいな事の目もとをたよりに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐すい【山水】
〘名〙 (「せんずい」とも) 日本式庭園で、築山(つきやま)を設け、池をうがったもの。また、山と水のある風景。さんすい。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「いみじく尽くして、れいの四季の絵なれど、めづらしきせんすいたんなど目馴れずおもしろし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐みず ‥みづ【山水】
〘名〙
① 山と水。また、山と水の見える景色。さんすい。
※源氏(1001‐14頃)若紫「山水に、心とまり侍りぬれど」
② 山から流れ出る水。山の水。山下みず。
※後撰(951‐953頃)恋一・五九〇「ゆく方もなくせかれたる山水のいはまほしくもおもほゆる哉〈よみ人しらず〉」
③ 「やまみずてんぐ(山水天狗)」の略。〔譬喩尽(1786)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation