@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山潮菜

デジタル大辞泉プラス

山潮菜
福岡県久留米市で生産される葉物野菜。カラシナ一種江戸時代の中ごろ、筑後川上流で発生した山崩れの際に、中流域の三井郡弓削村まで流れてきた種子が定着したものと言われる。この山崩れ現象を、当地方言で「やましお」と呼ぶことから、この名がついた。「山汐菜」の表記もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

山潮菜[葉茎菜類]
やましおな
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
主に久留米市で生産されている。江戸時代、大雨による山潮(山津波)で、大分県の久住高菜の種子が流れつき、自生したといわれている。自生地に近い、三井郡弓削村(現・久留米市北部)で栽培が始まった。葉カラシナの一種で、独特の辛みがあり、主に山潮漬けにされる。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山潮菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山潮菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation