@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山火事【やまかじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山火事
やまかじ
forest fire
一般に森林火災のことをさすが,消防法 (昭和 23年法律 186号) では林野火災という。燃える部位により地中火地表火,樹冠火,樹幹火と区別する。原因には落雷火山噴火摩擦などによる自然的なものもあるが,大部分は人為的な失火による。特に焚火,たばこ,火入れ,炭窯などの不注意によるものが多い。 1990年の出火件数は 2858,焼損面積 1333ha,損害額4億 7000万円となっているが,損害額は焼失した林木に限られており,土壌保全や風致上の被害は含まれていない。道路網の整備,レジャー人口の増加に伴い入林者による出火の機会が増大している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やま‐かじ〔‐クワジ〕【山火事】
山で起きた火事山焼け山林火災

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまかじ【山火事 forest and wilderness fire】
森林火災,林野火災ともいい,森林,牧野原野の火災をいう。農作業のたき火,ハイカーのタバコ,造林のための火入れなど,ほとんどが人為的な原因でおこる。また,昔多かった機関車からの飛火にかわって,自動車から捨てられたタバコによる火災が増している。季節的には,地表物が枯死して乾燥している時期が危険性が高く,四国,九州では3月,関東以南で4月,関東以北と北海道では5月に最も多い。出火しやすい時間は10時から16時の間である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

やま‐かじ ‥クヮジ【山火事】
〘名〙 山で起きた火事。山焼け。山び。山燃え。《季・冬》
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉二三「赤城山なア、山火事だんべい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山火事
やまかじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山火事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山火事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation