@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山田太一【やまだたいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山田太一
やまだたいち
[生]1934.6.6. 東京
放送作家,作家。本姓石坂。 1958年早稲田大学教育学部卒業後,松竹に入社し,大船撮影所演出部に勤務。 65年退社,以後テレビドラマ台本を手がける。 73年『それぞれの秋』で芸術選奨新人賞を受賞したのをはじめ,高視聴率のすぐれた作品を次々と発表。 77年,核家族の姿を主婦の目から克明に描いた『岸辺のアルバム』で話題を呼んだ。代表作はほかに『思い出づくり』 (1981) ,『ふぞろいの林檎たち』 (83,85,91) など。映画,舞台小説分野でも活躍し,特に小説『飛ぶ夢をしばらく見ない』 (85) ,『異人たちとの夏』 (87) ,『遠くの声を捜して』 (89) の3部作などで作家としての地位を確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山田太一 やまだ-たいち
1934- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和9年6月6日生まれ。松竹大船撮影所の助監督をへてフリーとなる。「岸辺アルバム」「ふぞろいの林檎たち」などテレビドラマの話題作を発表し受賞多数。「キネマの天地」で映画シナリオに進出。小説も手がけ,昭和63年「異人たちとの夏」で山本周五郎賞脚本はほかに「ちいさなを架ける」など。27年長年にわたって日本のテレビドラマづくりを牽引したとして朝日賞。東京出身。早大卒。本名は石坂太一。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまだたいち【山田太一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

山田太一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山田太一の関連情報

関連キーワード

清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation