@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山田美妙【やまだびみょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山田美妙
やまだびみょう
[生]慶応4(1868).7.8. 江戸
[没]1910.10.24. 東京
小説家。本名,武太郎。 1885年大学予備門 (のちの第一高等学校) 在学中,尾崎紅葉らと硯友社を組織,言文一致運動先駆となった『武蔵野』 (1887) を含む短編集夏木立』 (88) で一躍天才作家の名をほしいままにした。ために紅葉と反目して硯友社を脱退,『蝴蝶』 (89) ,『いちご姫』 (89~90) など悲劇性を重視する近代的趣向でもてはやされたが,まもなくマンネリズムに陥り,遅れて文壇地位を確立した紅葉や幸田露伴の影に隠れた。『都の花』の創刊から主幹をつとめた。ほかに長編平清盛』 (1910) ,新体詩集『新体詞選』 (1886) ,詩論集『日本韻文論』 (90~91) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまだ‐びみょう〔‐ビメウ〕【山田美妙】
[1868~1910]小説家詩人評論家。東京の生まれ。本名、武太郎。尾崎紅葉らと硯友社結成し、「我楽多文庫(がらくたぶんこ)」を編集。小説武蔵野」「胡蝶」「夏木立」などにより、言文一致体先駆者となった。他に「平清盛」「日本韻文論」「日本大辞書」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山田美妙 やまだ-びみょう
1868-1910 明治時代の小説家,詩人。
慶応4年7月8日生まれ。尾崎紅葉らと硯友(けんゆう)社をおこし,機関誌「我楽多(がらくた)文庫」を発行。言文一致体による創作をこころみ,「武蔵野」「夏木立」「蝴蝶(こちょう)」などを発表。新体詩,戯曲,評論でも活躍し,「日本大辞書」「大辞典」を編集した。明治43年10月24日死去。43歳。江戸出身。東京大学予備門中退。本名は武太郎。別号に美妙斎。
格言など】偉い人は種を蒔く,実は食わぬ(歴史小説「平清盛」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

山田美妙
1868〜1910(明治元年〜明治43年)【小説家・評論家】「です」体の創始者。 言文一致運動で、新しい日本語表現の可能性に挑戦した。明治期の小説家・詩人・評論家。東京都神田出身。本名武太郎。大学予備門在学中に尾崎紅葉らと硯友社を設立。1886年(明治19)「嘲戒小説天狗」などで言文一致・新体詩運動の先駆者となる。1887年歴史小説「武蔵野」など好評だったが、紅葉とを分かつなど文壇から次第に孤立した。また、新しい日本語の韻律を研究した「日本韻文論」やアクセント表記を付けた「日本大辞書」などを著わした。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまだびみょう【山田美妙】
1868‐1910(明治1‐43)
明治期の文学改良家,小説家,詩人。東京生れ。本名武太郎。別号は樵耕蛙船(しようこうあせん),飛影,美妙斎など。1885年大学予備門在学中に尾崎紅葉,石橋思案,丸岡九華らと硯友社を結成,機関誌《我楽多(がらくた)文庫》に馬琴調の文体でアルフレッド大王伝を《竪琴草紙》としてつづった。しかし坪内逍遥の《小説神髄》の影響を受けるや,ただちに文学改良主義者に変身,言文一致論や韻律論(《日本韻文論》)を展開し,文学改良に情熱的に取り組んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまだびみょう【山田美妙】
1868~1910 小説家・詩人・評論家。東京、神田生まれ。本名は武太郎。硯友社を興し言文一致を提唱、「武蔵野」「蝴蝶」を発表し文壇の雄となる。「都の花」の編集、新体詩・戯曲・評論・辞書編纂など多彩な仕事を残した。代表作「花車」「平清盛」「日本大辞書」。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山田美妙
やまだびみょう
(1868―1910)
小説家、詩人、評論家。本名武太郎。東京生まれ。大学予備門中退。1885年(明治18)尾崎紅葉(こうよう)とともに硯友社(けんゆうしゃ)を結成し、『我楽多(がらくた)文庫』に小説を書き始めた。坪内逍遙(しょうよう)に影響され、あらゆるジャンルに文学改良を試みた。とくに言文一致の理論と実践や『日本韻文論』(1890~91)などの詩論に鋭い才能を示した。『以良都女(いらつめ)』や『都の花』などの編集にも力量を示したが、あまりに多方面に活躍しすぎたため、才能を放散する結果となり、小説家として成熟することなく終わった。晩年に至るまで執筆は続けたが、初期の『武蔵野(むさしの)』(1887)と『蝴蝶(こちょう)』(1889)以外みるべき作品は少ない。ほかに一貫してことばに関心を抱き、各種の辞書を編纂(へんさん)している。[山田有策]
『塩田良平著『山田美妙研究』(1938・人文書院) ▽『明治文学全集23 山田美妙・石橋忍月・高瀬文淵集』(1971・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまだ‐びみょう【山田美妙】
小説家、新体詩人、評論家。東京出身。本名武太郎。尾崎紅葉らと硯友社を起こして「我楽多文庫」を発行。小説「武蔵野」「蝴蝶」などにより、言文一致体の先駆者と目された。東京アクセント・ガ行鼻音を注記した「日本大辞書」を編纂。著「夏木立」「日本韻文論」。慶応四~明治四三年(一八六八‐一九一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山田美妙
やまだびみょう
1868〜1910
明治時代の小説家・詩人
本名は武太郎。美妙斎ともいう。東京の生まれ。尾崎紅葉と親しく,硯友社創立に参画。『我楽多文庫』を編集し,新体詩や小説を発表。言文一致体の先駆者として多大の寄与をなした。代表作に『夏木立』『武蔵野』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田美妙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山田美妙の関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation