@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山科本願寺【ヤマシナホンガンジ】

デジタル大辞泉

やましな‐ほんがんじ〔‐ホングワンジ〕【山科本願寺】
京都市山科区にあった浄土真宗本山山号は松林山。文明10年(1478)蓮如創建。天文元年(1532)六角定頼および日蓮宗徒による焼き打ちにあい、大坂石山へ移転。以後長く廃墟となっていたが、跡地山科別院が建てられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やましなほんがんじ【山科本願寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山科本願寺
やましなほんがんじ

京都市山科区東野狐藪(きつねやぶ)町にある浄土真宗本願寺派の別院。山科別院舞楽(ぶがく)寺と称し、俗に山科西御坊ともよばれる。本願寺はもと大谷(おおたに)の宗祖親鸞(しんらん)の廟所(びょうしょ)にあったが、長い間さびれていたため、1478年(文明10)浄土真宗中興の祖蓮如(れんにょ)が山科の地に祖堂を創建、宗祖の真影を迎えて同宗の本山たる本願寺とした。しかし1532年(天文1)江(ごう)州(滋賀県)の六角定頼(さだより)の兵および京都の法華(ほっけ)宗徒の来攻にあって堂舎が焼き払われ、本願寺は大坂の石山に移された。その後久しく廃墟(はいきょ)と化していたのを、いまの地に1732年(享保17)西本願寺15世住如(じゅうにょ)が山科講の請いを受けて北山別院の旧堂を移して再興したのが、現在の山科別院舞楽寺の始めである。近くに蓮如(8世)、実如(じつにょ)(9世)、証如(しょうにょ)(10世)の墓がある。また山科区西野今屋敷町には山科東御坊とよばれる真宗大谷派の山科別院長福(ちょうふく)寺がある。これも起源を同じくするが、1732年東本願寺17世真如(しんにょ)が再興したものである。

[森 章司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やましな‐ほんがんじ ‥ホングヮンジ【山科本願寺】
京都市山科区西野にあった浄土真宗本願寺派の寺。山号は松林山。文明一〇年(一四七八)蓮如が創建。堂舎庭園は美麗で周囲に土居を築き堀をめぐらして、城郭的な設備規模をそなえていた。天文元年(一五三二)法華宗徒と六角定頼とに焼き打ちされ、長く廃墟となっていたが、享保一七年(一七三二)近くに山科別院が建てられた。京都本願寺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山科本願寺
やましなほんがんじ
京都市東山区山科にあった浄土真宗の寺
1479年蓮如 (れんによ) が建立し,1532年焼失するまで本願寺派の本寺であった。周囲に堀をめぐらし,城郭的設備をもつ寺内町があった。蓮如はここで没し,実如ののち,証如に至って六角定頼と法華宗徒らによって焼き払われ,石山本願寺に移った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山科本願寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山科本願寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation