@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山背大兄王【やましろのおおえのおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山背大兄王
やましろのおおえのおう
[生]?
[没]皇極2(643).11.1. 大和,斑鳩
飛鳥時代の皇族聖徳太子の子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女。推古天皇没後,皇位継承問題が起り,蘇我倉麻呂や境部摩理勢らに擁立されて,蘇我蝦夷の推す田村皇子 (舒明天皇) と争ったが敗れた。舒明天皇の没後はその皇后皇極天皇即位したが,その後,世間の人望が山背大兄王に集ったため,馬子の娘法提郎女 (ほていのいらつめ) の生んだ舒明天皇の子古人王を立てて外戚をふるおうとする蝦夷の子入鹿皇極2 (643) 年斑鳩宮を襲われた。一時生駒山に逃れ再挙をはかろうとしたが,三輪文屋のほか王の側に立つ者も少く,「一身のために百姓万民を労するに忍びず」として斑鳩寺に戻り,妻子一族自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やましろのおおえ‐の‐おう〔やましろのおほえ‐ワウ〕【山背大兄王】
[?~643]飛鳥時代の皇族。聖徳太子の子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女(とじこのいらつめ)。推古天皇没後、蘇我蝦夷(そがのえみし)の推す田村皇子(舒明天皇)と皇位を争って敗れ、のち蝦夷の子入鹿(いるか)襲撃を受け、斑鳩宮(いかるがのみや)で自殺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山背大兄王 やましろのおおえのおう
?-643 飛鳥(あすか)時代,聖徳太子の第1王子。
母は蘇我馬子の娘,刀自古郎女(とじこのいらつめ)。推古天皇の死後,田村皇子(のちの舒明(じょめい)天皇)と皇位をあらそい,敗れる。皇極天皇2年11月,古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子を皇極天皇の後継にたてようとした蘇我入鹿(いるか)らの兵にかこまれ,生駒(いこま)山にのがれたのち,斑鳩(いかるが)寺で自殺した。名は山代大兄王ともかき,山尻王,上宮(じょうぐう)王ともいう。
【格言など】是(ここ)を以て,吾が一身(ひとつみ)をば,入鹿(いるか)に賜う(「日本書紀」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やましろのおおえのおう【山背大兄王】
?‐643(皇極2)
聖徳太子の長子で,母は蘇我馬子の女刀自古郎女(とじこのいらつめ)。異母妹舂米(つきしね)女王と結婚し,難波麻呂古王,麻呂古王,弓削王,佐々女王,三嶋女王,甲可王,尾治(おわり)王をもうけた。628年(推古36)の推古天皇の没後,田村皇子(のちの舒明天皇)と皇位を競い,多くの重臣後者を支持したため,王を支持した馬子の弟境部摩理勢(さかいべのまりせ)は甥の蝦夷(えみし)に殺され,王は皇位をゆずった。これより先に王は父の没後,法起寺の建立にあたったと伝えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

やましろのおおえ‐の‐おう やましろのおほえ‥ワウ【山背大兄王】
聖徳太子の王子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女。推古天皇の死後、蘇我蝦夷(そがのえみし)の推す田村皇子と皇位を争って敗れたが、なお人望があったため、蘇我入鹿に襲われ、生駒山に逃げたが、斑鳩寺に帰って妻子とともに自殺した。皇極二年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山背大兄王
やましろのおおえのおう
?〜643
7世紀前期の皇族
聖徳太子(厩戸皇子)の子。人望があり大王位の最有力者であったが,蘇我蝦夷 (えみし) ・入鹿 (いるか) により,推古天皇および舒明天皇没後の2度にわたり即位を妨げられた。643年古人大兄皇子 (ふるひとのおおえのおうじ) を推す入鹿に攻められ斑鳩 (いかるが) 宮で妻子とともに自害した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山背大兄王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山背大兄王の関連情報

関連キーワード

桓公桓公プラケーシン[2世]桓公[斉]委任桓 公書店の万引き被害タクシーの再規制食品ロス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation