@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山茶碗【やまぢゃわん】

世界大百科事典 第2版

やまぢゃわん【山茶碗】
愛知県地方において俗に行基焼あるいは藤四郎焼と呼ばれている硬質・無釉の碗,皿類で,高台端に籾殻痕があるため,一部の地域ではもみがら焼とも呼んでいる。山茶碗名称山中の古窯跡に廃棄された碗,皿類の不良品が数多く散在しているところから出たものと思われる。《延喜式》にみえる山坏,小坏を指すとみる場合には,白瓷(灰釉陶器)碗・小碗のセットに当たるが,通常,白瓷碗類が11世紀末葉に無釉の民間雑器に転化した白瓷系陶器のことを指している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

山茶碗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山茶碗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation