@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山谷風【ヤマタニカゼ】

デジタル大辞泉

やまたに‐かぜ【山谷風】
山の斜面に沿って吹く日中谷底から山頂へ向かって吹き上がる谷風が、夜間になると山風となって底へ吹き下ろすもの。斜面風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまたにかぜ【山谷風 mountain and valley winds】
〈さんこくふう〉ともよむ。山岳地帯に現れる局地風系の一種。昼間,平野部から谷に,さらに谷から尾根に向かう風(谷風)が吹き,夜間,尾根から谷へ,谷から平野部に向かう風(山風)が吹く。このように変化する風系を山谷風という。昼間,日射によって山の斜面が加熱され,それに接する谷間空気が同じ高さの平野部の空気より暖められ,軽くなり,上昇するために谷風が生ずる。夜間には逆に,山の斜面および谷間の空気が平野部のそれより冷えて重くなり,山の尾根から谷,さらに平野部へ流れ出す山風が起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さんやかぜ【山谷風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山谷風
やまたにかぜ

日中に平地から谷間に吹き込む風を谷風、夜間に谷間から平地に吹き出してくる風を山風といい、これを1日を周期として変わる一対の風と考えて山谷風という。山あいの部分の空気は容積が平地上空より小さいので暖まりやすく、また冷えやすいために、このような1日を周期とした循環気流を生ずる。山あいを吹く実際の風は山谷風に、さらに山地の斜面に沿って上昇下降する斜面風が加わったものであり、複雑な風系として吹く。一般に山谷風の循環が毎日規則的に現れるのは、好天が続く一つの現れとみられ、天気が下り坂のときは山谷風の循環は乱れる。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまたに‐かぜ【山谷風】
〘名〙 気象で、山風と谷風とを一日周期で循環する風系としていう語。山の斜面に沿って、日中は谷底から山頂へ、夜間には山頂から谷底へ向かって吹くもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山谷風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山谷風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation