@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山里【ヤマザト】

デジタル大辞泉

やま‐ざと【山里】
山間の村落。山村。
山村にある別荘。山荘。
「宇治といふ所に、よしある―持(も)給へりけるに」〈・橋姫〉
山奥の家。山家(やまが)。
「―は秋こそことにわびしけれ鹿の鳴く音に目を覚ましつつ」〈古今・秋上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐ざと【山里】
[1] 〘名〙
① 山の中にある人里。山間の村。山村。
※古今(905‐914)春上・一五「春たてど花も匂はぬ山ざとは物うかるねに鶯の鳴く〈在原棟梁〉」
② ①に建てた貴族の別荘。山荘。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「しがの山もと、比叡つじのわたりに、いとをかしき山ざと侍」
③ 山奥の家。やまが。
※二度本金葉(1124‐25)秋「山ざとの門田のいねのほのぼのとあくるもしらず月を見る哉〈藤原顕隆〉」
[2] 江戸城西丸の吹上庭園にある場所。
[語誌](1)「万葉集」には見えない。「古今集」では、「都」に対する仙境としてのイメージにもとづき、寂寥・孤独の地、憂き世からの逃避先ととらえられた。
(2)「拾遺集」以降、山家・山寺・山居など、山里にかかわる歌が一般化し、閑寂な美的世界、文人貴族の趣味的な隠遁生活の場という一面が見られるようになる。
(3)「千載集」以降は、仏道修行者が草庵を結んで生活する寂しい場所ととらえる歌が優勢になる。
(4)王朝人の草庵への憧憬には漢詩文が大きい影響をもつが、山里の観念の変化の背後には、仏教信仰の深化、浸透という時代の流れが認められる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation