@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山門【さんもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山門
さんもん
寺院のをいう。はかつては一般に山上にあったので,その門を山門という。また寺院そのものをさして山門ということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐もん【山門】
寺院の正門。三門。また、寺院。もと山に建てられたところからいう。
比叡山延暦寺異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さんもん【山門】[歌舞伎狂言]
歌舞伎狂言。初世並木五瓶作。安永7年(1778)初演の「金門五山桐(きんもんごさんのきり)」(のち「楼門(さんもん)五三桐」と改称)の2幕目返し、南禅寺山門の場が独立して上演される場合の通称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまと【山門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんもん【山門】
寺院は元来、山中に建てられたことから 寺院の門。また、寺院。 → 三門
比叡山延暦寺の異名。 → 寺門

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さんもん【山門】
歌舞伎「金門五三桐きんもんごさんのきり」(のち「楼門さんもん五三桐」)の通称。時代物。初世並木五瓶作。1778年大坂中の芝居初演。石川五右衛門を主人公とし、南禅寺山門の場は「絶景かな。絶景かな」の台詞せりふで知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山門
さんもん
禅宗寺院の七堂伽藍(がらん)の一つで、寺院の正式な入口。古くは寺の南と東西に面して三つ、あるいは参道に沿って三つ設けられたところから三門と書かれた。また一つの門でも、空(くう)、無相(むそう)、無作(むさ)の三解脱門(さんげだつもん)の意味で三門とされた。三門が山門と書かれるのは、寺の多くが山に建立されたことによる。一般に二階造りの楼門で、入口の左右に金剛力士(こんごうりきし)の像、あるいは四天王像を祀(まつ)り、楼上には十六羅漢(らかん)像を祀る。なお、山門は寺院の総称ともなり、天台宗では園城寺(おんじょうじ)流を寺門(じもん)(派)とよぶのに対し延暦寺(えんりゃくじ)流を山門(派)という。[永井政之]
『横山秀哉著『禅の建築』(1967・彰国社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐もん【山門】
[1] 〘名〙
① 寺院正面につくられた楼門。→三門
※入唐求法巡礼行記(838‐847)三「西国僧仏陁波利室手来到山門」 〔李華‐雲母泉詩〕
② 山寺または寺をいう。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・遊山寺〈菅原時登〉「既過臨仁智、山門深処自忘貧」 〔宋史真宗紀‐二〕
③ 名徳とその門流をさしていう。〔法華玄義釈籤‐一九〕
[2]
[一] 比叡山延暦寺の称。
※平家(13C前)一「しかるを、山門の大衆いかがおもひけむ。先例を背きて、東大寺の次、興福寺のうへに、延暦寺の額をうつあひだ」
[二] 歌舞伎脚本「金門五三桐(きんもんごさんのきり)」南禅寺山門の場の通称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

山門
(通称)
さんもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
楼門五山桐
初演
寛政12.2(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation