@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山陽新幹線【さんようしんかんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山陽新幹線
さんようしんかんせん
新大阪と博多を結ぶ JR西日本の高速幹線鉄道。 1967年新大阪岡山間,70年岡山-博多間の建設に着工,72年新大阪-岡山間,75年岡山-博多間が営業開始して全線が開通した。途中駅は新神戸,西明石,姫路相生,岡山,新倉敷,福山,新尾道三原東広島,広島,新岩国徳山小郡,新下関小倉の 16駅で岡山,広島,小倉にだけ停車する『ウエストひかり』号 (1980年 10月の改正以降,他の駅に停車するものもある) と各駅に停車する『こだま』号とがあり,『ひかり』号の大部分は東京-博多間,東京-広島間を直通運転している。 93年からは「のぞみ」号も運行され,東京-博多間がさらに時間短縮された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんよう‐しんかんせん〔サンヤウ‐〕【山陽新幹線】
新大阪と博多を結ぶ新幹線。昭和50年(1975)全通。運行列車は「のぞみ」「ひかり」「こだま」「みずほ」「さくら」。全長622.3キロ。
[補説]山陽新幹線の駅:(東海道新幹線から直通)‐新大阪‐新神戸‐西明石‐姫路‐相生(あいおい)‐岡山‐新倉敷‐福山‐新尾道(しんおのみち)‐三原‐東広島‐広島‐新岩国‐徳山‐新山口‐厚狭(あさ)‐新下関‐小倉(こくら)‐博多‐(九州新幹線鹿児島ルートへ直通)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんようしんかんせん【山陽新幹線】
新大阪~博多間645.0km(実距離553.7km)の新幹線。国鉄時代には正式の線路名称ではなく,山陽本線神戸~門司間などの増設線路として建設された経緯から,山陽新幹線とは旅客の案内等に用いられる通称であった。九州島内の区間も含めてJR西日本に属する。在来線より山側を走り,新関門トンネル(18.7km)をはじめトンネルが全線の50%強を占める。山陽新幹線は,東海道新幹線と同様に早晩輸送力の行詰りが予想された山陽本線の増設線路として計画され,当面急激な輸送量増加が予想された新大阪~岡山間が1967年3月に着工,71年末に完成し,翌年3月15日から営業を開始した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんよう‐しんかんせん サンヤウ‥【山陽新幹線】
新大阪と博多とを結ぶJR西日本の新幹線。昭和四七年(一九七二)新大阪━岡山間が開業、同五〇年の岡山━博多間の開業で全線開通。列車の多くは東海道新幹線と直通運転される。全長六二二・三キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山陽新幹線
さんようしんかんせん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陽新幹線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山陽新幹線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation