@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山陽【さんよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山陽
さんよう
岡山県南東部,赤磐市南部の旧町域。砂川中流域にあり,南部と西部で岡山市に接する。 1953年高陽村,西山村の2村と高月村の一部が合体して町制。 2005年赤坂町,熊山町,吉井町と合体し赤磐市となった。開発は古く,備前国分寺の所在地で,低地には条里制遺構が残る。大山道の要衝として開ける。市場も開設され,五日市上市下市の集落名に名残りがある。丘陵部ではモモ,ブドウの栽培が盛ん。中央部に県営の大型住宅団地が建設されるなど岡山市のベッドタウンとなっている。国指定史跡の両宮山古墳備前国分寺跡など上古の遺跡が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陽
さんよう
山口県南西部,山陽小野田市北部の旧町域。厚狭川下流域にあり,周防灘に臨む。 1956年厚狭町と埴生町が合体して山陽町が発足。 2005年小野田市と合体して山陽小野田市となった。中心集落の厚狭郡家が置かれた古代の政治の中心地で,条里制の遺構がある。 1898年の山陽本線開通後に発展。低い丘陵地と厚狭川流域の沖積平野とからなり,米,野菜,ミカンなどを産する。厚狭川河口付近はノリ養殖が行なわれ,沿岸ではキス,クロダイフグタコなどの漁獲がある。西端の埴生を中心に大規模工業団地が造成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

さんよう【山陽】
群馬の日本酒。蔵元は「玉井酒造」。現在は廃業は邑楽郡明和町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんよう【山陽】
山の南側。
◇「山陽道」の略。
◇「山陽地方」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐よう ‥ヤウ【山陽】
[1] 〘名〙 山の南側。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「『オオストリヤ』と云、〈略〉薩撤国の山陽、拝焉(バイエロン)国の山東に位し」 〔任昉‐答陸知己賦〕
[2]
[一] 中国の漢代、黄河の北岸、現在の河南省焦作市に置かれた県名。〔漢書‐地理志上〕
※蘭東事始(1815)下「漸(やうや)く訳書をも為し、五畿・七道、山陽・南海諸道の人を誘導し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐よう〔‐ヤウ〕【山陽】
山の南側。⇔山陰

山陽地方」の略。
山陽道」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山陽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation