@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山鼠【ヤマネ】

デジタル大辞泉

やま‐ね【山×鼠/冬鼠】
齧歯(げっし)目ヤマネ科の哺乳類体長7~8センチ、尾長4~5センチ。体つきは丸く、灰茶色でに黒い縦線が1本あり、に長毛がある。山林にすみ、樹上性で、果実昆虫などを食べる。冬は木のなどで冬眠する。日本特産種で、本州四国九州分布

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やまね【山鼠】
齧歯げつし目ヤマネ科の一種。日本特産でネズミに似た小獣。頭胴長約8センチメートル、尾長約5センチメートル。体はコルク色で、背の中央に一本の黒茶色の縦縞がある。森林にすみ、夜行性で、果実・種子・昆虫などを食べる。寒くなると冬眠する。本州以南に分布。冬眠鼠。マリネズミ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

山鼠 (ヤマネ)
学名:Glirulus japonicus
動物。ネズミ科の日本固有の樹上生の小獣

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐ね【山鼠】
〘名〙 齧歯目ヤマネ科の哺乳類。体長約七センチメートル。ネズミに似ているが尾が長く長毛を有する。体毛は淡褐色の綿状で、背面中央に顕著な黒い縦すじが走る。夜行性で昆虫や木の実などを食べる。冬は木の穴などで冬眠し、刺激を与えても容易に目をさまさない。本州以南の山林に分布する日本の固有種。天然記念物。とうみんねずみ。やまねずみ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山鼠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山鼠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation