@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡倉天心【おかくら てんしん】

美術人名辞典

岡倉天心
美術行政家・思想家。横浜生。本名は覚三。東大卒後、文部省に入り、美術教育・調査保存にあたる。明治17年フェノロサ鑑画会結成、新日本画の開拓に努め、美術調査員としてともに渡欧。明治23年東美校校長となり、帝国博物館理事等を兼任、この間美術誌「国華」を創刊。また日本青年絵画協会及びその後身である日本絵画協会を組織した。のち公職を退き、橋本雅邦横山大観菱田春草らと日本美術院を結成した。明治37年渡米し、ボストン美術館東洋部長に就任。また文展審査員・国宝保存会委員もつとめ、明治期美術の指導者としてばかりでなく、すぐれた国際感覚のうちに、日本及び東洋の文化の優秀性を内外に訴えた。に『東洋の理想』『日本の覚醒』『茶の本』等がある。大正2年(1913)歿、50才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

岡倉天心
(1863~1913)本名は覚三。東京大在学中からフェノロサの通訳として頭角を現し、東京美術学校長を経て日本美術院を創設。後に米ボストン美術館顧問を務め、中国、インドを旅した。著書に「アジアはひとつ」の冒頭句で知られる「東洋の理想」、「茶の本」など。
(2008-12-02 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おかくら‐てんしん〔をかくら‐〕【岡倉天心】
[1863~1913]美術評論家・思想家。横浜の生まれ。本名、覚三。フェノロサ師事東京美術学校開設に尽力し、のち校長となる。日本美術院を創立し、明治日本画家の指導者として活躍。その後ボストン美術館中国日本美術部長。英文著書による日本文化の紹介者としても知られる。著「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岡倉天心 おかくら-てんしん
1863*-1913 明治時代の美術指導者,思想家。
文久2年12月26日生まれ。フェノロサとともに明治22年の東京美術学校(現東京芸大)の設立につとめ,23年校長。この間に美術専門誌「国華」を創刊。31年校長排斥運動(美校事件)で辞職。日本美術院を設立する。のちボストン美術館東洋部長。日本の伝統美術の振興と革新に指導的役割をはたし,東洋・日本美術を海外に紹介した。大正2年9月2日死去。52歳。神奈川県出身。東京大学卒。本名は覚三。著作に「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」など。
格言など】アジアは一つだ(「東洋の理想」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おかくらてんしん【岡倉天心】
1862‐1913(文久2‐大正2)
明治期の美術指導者。越前福井藩を背景に横浜で貿易を営む石川屋勘右衛門の次男に生まれた。幼名角蔵のち覚三。幼時から英語を学び,漢籍にも親しんだ。東京外国語学校,東京開成学校をへて1877年東京大学文学部に入学,政治学,理財学などを学ぶが,そこでアメリカ人教師フェノロサに接し,その日本美術研究を手伝ったことが生涯を方向づけた。80年に文部省に出仕して音楽取調掛を命じられたが,まもなく図画教育調査会委員に挙げられ,古社寺宝物調査にもたずさわって,美術行政面に頭角をあらわしはじめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おかくらてんしん【岡倉天心】
1862~1913 美術評論家。横浜生まれ。本名、覚三。フェノロサに師事。東京美術学校校長。のち、門弟横山大観・菱田春草らと日本美術院を創立。ボストン美術館の東洋部長となり、日本美術の紹介に尽くした。主著「茶の本」「日本の目覚め」「東洋の理想」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岡倉天心
おかくらてんしん
[生]文久2(1862).12.26. 横浜
[没]1913.9.2. 新潟,赤倉
明治美術界の先覚者。越前福井藩士岡倉勘右衛門の次男。本名角蔵,のち覚三。 10歳の頃から英学,漢学を学び,東京大学で政治学,理財学を専攻。同大学に着任した E.フェノロサの感化を受け,卒業後 18歳で文部省に入り,フェノロサらとともに,当時閑却されていた日本文化の振興をはかった。鑑画会を結成して絵画界の刷新に努め,狩野芳崖橋本雅邦らの真価を顕揚した。 1886年美術取調委員としてヨーロッパに出張,帰国後,東京美術学校の創立に参与し,のち校長をつとめた。在職中「古社寺保存法」を制定し,美術雑誌『国華』を発刊。 98年校内紛争をきっかけに職を去ると,教授橋本雅邦ら 17名が連袂辞職した。岡倉は彼らを率いて日本美術院を創立,伝統に基づく新美術の開発に尽した。さらに東洋美術の源流を訪ねて中国,インドに旅行。 1904年ボストン美術館東洋部顧問,のち部長となり,以後毎年その一半をアメリカで過した。その間『東洋の理想』 The Ideals of the East with Special Reference to the Art of Japan (1903) ,『日本の目覚め』 The Awaking of Japan (04) ,『茶の本』 The Book of Tea (06) などの英文書を英米で刊行し,東洋文化の優秀性を説いた。また茨城県五浦 (いづら) に日本美術院を移し,おもな門下生を伴って移住した。その他 07年文展審査委員,10年東京帝国大学で「泰東巧芸史」を開講するなど多彩な活動をした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡倉天心
おかくらてんしん
(1862―1913)
明治・大正の美術運動の指導者。文久(ぶんきゅう)2年12月横浜の生まれ。幼名角蔵、のち覚三と称した。天心は号。幼時より漢籍を学ぶかたわらヘボン塾で英語を学び、父勘右衛門(かんえもん)が東京へ移るに従って東京開成学校に入学。ついで1877年(明治10)新設の東京大学に進み、政治学、理財学ならびにお雇(やと)いアメリカ人教師フェノロサについて哲学を学び、1880年大学を卒業、文部省出仕となる。この間フェノロサの日本美術研究に協力し、京阪地方に出張して古美術調査を行う。1884年には官僚・実業家である河瀬秀治(かわせしゅうじ)(1840―1928)や、フェノロサらと鑑画会をおこし、古美術の研究と新しい日本画の樹立を目ざした。1886年文部省の美術取調委員としてフェノロサとアメリカ経由でヨーロッパを巡り翌1887年帰国、東京美術学校(現、東京芸術大学)幹事を命じられ同校の創設に努め、開校後の1890年校長に就任した。
 この間に第3回内国勧業博覧会審査官、臨時全国宝物取調掛、帝室博物館理事兼美術部長となり、また同時に美術専門誌『国華』を創刊、多くの論評を発表した。1881年に日本青年絵画協会を設立して会頭となり、同会が日本絵画協会へ発展後も主宰した。帝室技芸員選択委員や古社寺保存会委員にも任ぜられたが、1898年校長排斥運動による美術学校騒動で校長を辞職。博物館からも身を引いて野に下り、橋本雅邦(はしもとがほう)、横山大観、菱田春草(ひしだしゅんそう)、下村観山らと日本美術院を創設、新しい日本画を目ざして美術運動をおこし、その指導にあたったが、それらの作品は朦朧(もうろう)派という悪評を受けて一時展覧会を閉じた。1904年(明治37)大観、春草を伴い渡米し、ボストン美術館の仕事にあたり、1905年同館の東洋部長となり、1906年ニューヨークで『茶の本』を出版、その年の末に日本美術院を茨城県五浦(いづら)へ移し、大観、春草、観山らと住む。1907年文部省美術審査委員会委員となり、1908年国画玉成会を結成、1910年東京帝国大学で「泰東巧芸史」を講義した。翌1911年欧米旅行を行い、ハーバード大学からマスター・オブ・アーツの学位を受けた。続いて1912年インド、ヨーロッパを経て渡米し、1913年(大正2)病を得て帰国、療養に努めたが、同年9月2日新潟県赤倉山荘で没した。英文著書『東洋の理想』(1903)、『日本の覚醒(かくせい)』(1904)、『茶の本』(1906)などは外国人はもちろん、翻訳されて広く日本人にも影響を与え、『天心全集』も各種刊行された。[永井信一]
『梅原猛他編『近代日本思想大系7 岡倉天心集』(1976・筑摩書房) ▽『岡倉天心全集』8巻・別巻1(1979~1981・平凡社) ▽斉藤隆三著『岡倉天心』(1960/新装版・1986・吉川弘文館) ▽岡倉一雄著『父・岡倉天心』(1971・中央公論社/岩波現代文庫) ▽大岡信著『岡倉天心』(1975・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おかくら‐てんしん【岡倉天心】
美術評論家。本名覚三。横浜の生まれ。フェノロサに師事。東京美術学校の創設につとめ校長となる。のち横山大観、下村観山らと日本美術院を創立。国粋美術の興隆に指導的役割を果たす。著「東洋の理想」「茶の本」。文久二~大正二年(一八六二‐一九一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

岡倉天心
おかくらてんしん
1862〜1913
明治時代の美術評論家
本名は覚三。横浜の生まれ。東大卒。フェノロサに学び,東洋,特に日本美術の伝統への理解を深めた。1887年東京美術学校を創設し,校長として多くの画家を育て,のち日本美術院を創立。日本画の改革を提唱した。また英文で『茶の本』『東洋の理想』など出版し,日本文化を海外に紹介した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡倉天心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡倉天心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation