@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡城【おかじょう】

日本の城がわかる事典

おかじょう【岡城】
大分県竹田市竹田にあった、鎌倉時代から江戸時代山城(やまじろ)。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。城の北を稲葉川、南に白滝川を天然の濠として、その2本の川に挟まれた標高325mの台地上に築かれた。城の歴史は古く、1185年(文治1)、緒方惟栄(これよし)が源義経(よしつね)を迎えるために築いたのが始まりと伝えられる。戦国期には大友氏の支城となり、志賀親次(ちかつぐ)が守り、島津の大軍を撃退している。1593年(文禄2)、中川秀成(ひでなり)が7万石で入封し、幕末に至った。現在、城門の車敷や太鼓櫓(たいこやぐら)門、三の丸、二の丸、本丸三層櫓の石垣など、多くの遺構をとどめている。JR豊肥本線豊後竹田駅から緒方・三重方面行きバス5分で岡城入口下車、徒歩15分。◇臥牛城(がぎゅうじょう)、豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)とも呼ばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡城
おかじょう
鎌倉期から江戸期の。大分県竹田市竹田岡にあり、豊後(ぶんご)竹田城とも臥牛(がぎゅう)城ともいわれる。城の歴史は古く1185年(文治1)緒方惟栄(おがたこれよし)が源義経(よしつね)を迎えるために築いたのが始まりと伝えられる。戦国期には大友氏の支城となり、志賀親次(ちかつぐ)が守り、島津の大軍を撃退している。1593年(文禄2)中川秀成(ひでなり)が7万石で入封し、幕末に至った。滝廉太郎(たきれんたろう)はこの城を愛して名曲『荒城の月』を生んだという。[小和田哲男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

岡城
(大分県竹田市)
日本100名城指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おか‐じょう をかジャウ【岡城】
大分県竹田市にあった城。文治元年(一一八五)緒方惟栄(これひで)の築城。江戸時代は中川氏の居城。石垣が現存し、滝廉太郎が「荒城の月」の曲想を得た所として有名。臥牛(がぎゅう)城。竹田城。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation