@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡屋関白記【おかのやかんぱくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岡屋関白記
おかのやかんぱくき
岡屋兼経公記』ともいう。鎌倉時代,関白太政大臣近衛兼経の日記。貞応1 (1222) ~建長3 (51) 年の記事が伝えられているが,途中欠脱が多い。兼経は,和歌に巧みで有職故実に通じており,当時の公家の生活を知る好史料である。書名の「岡屋」は兼経の邸宅の名にちなんでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おかのやかんぱくき【岡屋関白記】
鎌倉時代中期の公家藤原兼経の日記。1222年(貞応1)から51年(建長3)までの一部が現存。陽明文庫に自筆本1軸(建長元年巻),ほかに古写本6軸がある。《岡屋殿御記》《兼経卿記》とも称す。兼経は家実の子で,書名はその邸を岡屋殿と称したことによる。内容は公家の行事等を記したもので,記述は簡略だが,公家史料の乏しいこの時期には貴重である。貞永元年記は後堀河天皇御譲位記である。【清田 善樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡屋関白記
おかのやかんぱくき
鎌倉時代の摂政(せっしょう)・関白(かんぱく)近衛兼経(このえかねつね)の日記。『岡屋兼経公記』『岡屋殿御記』とも称する。1222(貞応1)、23、24年抄録1巻、46年(寛元4)春夏、および48年(宝治2)12月・閏(うるう)12月の古写本各1巻、49年(建長1)春自筆本1巻、50年夏、同10月、51年秋古写本各1巻、計7巻が陽明文庫に伝存。ほかに近衛房嗣(ふさつぐ)筆写による1225年(嘉禄1)2月中納言(ちゅうなごん)着陣記、「永正(えいしょう)八年(1511)書写」奥書を有する1232年(貞永1)10月、12月御譲位并(ならびに)御即位記もともに伝わる。また、房嗣筆の抜書によれば1225年(嘉禄1)より28年(安貞2)までの計4巻の日記の存在がうかがえる。鎌倉中期の公家(くげ)日記として貴重な存在である。[名和 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡屋関白記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡屋関白記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation