@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡島冠山【おかじまかんざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岡島冠山
おかじまかんざん
[生]延宝2(1674).長崎
[没]享保13(1728).1.2. 京都
江戸時代中期の漢学者。名,明敬,のちに璞。字,援之,または玉成。通称,弥太夫。長崎で通辞をするかたわら宋学を学び,のちに江戸に出て,荻生徂徠の蘐園学派 (けんえんがくは) の人々が開いた唐話学 (中国語学) の講習会「訳社」の講師となり,江戸における唐話学の普及に努めた。門下に多くの唐話学者を生むとともに,江戸と京都との学問的交流の道を開いた。唐話学研究熱は中国白話 (口語体) 小説への傾倒を促した。のち京都へ上り,中国白話小説『忠義水滸伝』に訓点を付して翻刻したが,10回まで刊行して (没後 20回まで刊行) 。宝暦7 (1757) 年に『忠義水滸伝』の和訳『通俗忠義水滸伝』が,寛政2 (90) 年にその『拾遺』がそれぞれ遺稿として刊行され,読本 (よみほん) 流行の端緒となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おかじま‐かんざん〔をかじまクワンザン〕【岡島冠山】
[1674~1728]江戸中期の儒学者。長崎の人。名は璞(はく)、冠山は号。儒学を修め、中国語に通じた。著書水滸伝の日本語訳や「唐話纂要(さんよう)」「華音唐詩選」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岡島冠山 おかじま-かんざん
1674-1728 江戸時代中期の儒者。
延宝2年生まれ。唐話(中国語の口語)をまなび,元禄(げんろく)5年長門(ながと)(山口県)(はぎ)の訳士(通訳)となる。のち辞職して正徳元年林鳳岡に入門。「水滸伝」を翻訳した。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)と親交をむすんだ。享保(きょうほう)13年1月2日死去。55歳。肥前長崎出身。名は明敬,璞。字(あざな)は玉成。通称は長左衛門。著作に「唐話纂要」「唐訳便覧」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おかじまかんざん【岡島冠山】
1673‐1728(延宝1‐享保13)
江戸中期の儒者。名は璞,冠山は号。長崎の人で唐通事をし,のち江戸へ出て荻生徂徠(おぎゆうそらい)を知る。唐話学の大家として活躍し,京都で没した。日本古典を漢訳演義化した《太平記演義》(1719)や,日本で最初の《水滸伝》の翻訳である《通俗忠義水滸伝》(1757‐90)を出しており,本格的な唐音学者,中国学者であった。著書には《唐話纂要》など。演義体小説水滸伝物【浅野 三平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡島冠山
おかじまかんざん
(1674―1728)

江戸中期の儒学者。名は璞(はく)、字(あざな)は玉成(ぎょくせい)、初字は援之(えんし)、弥大夫(やだゆう)。冠山はその号。長崎の人。1694年(元禄7)萩(はぎ)藩(山口県萩市)の毛利吉就(もうりよしなり)(1668―1694)に唐訳士として仕え、1706年(宝永3)ごろ江戸に出て下野(しもつけ)国(栃木県)足利(あしかが)藩の戸田忠囿(とだただあり)(1669―1732)に仕える。1708年ごろ荻生徂徠(おぎゅうそらい)との交際を始めた。一時大学頭(だいがくのかみ)林鳳岡(はやしほうこう)に入門し、幕府の儒員の末席に加わるが、やがて蘐園(けんえん)学派の唐訳師として迎えられる。人物きわめて放達といわれるが、蘐園の「訳社」(華語講習会)を通し江戸期における中国語学(唐話学)の形成および白話(はくわ)(口語体)小説の翻訳に果たした役割は大きい。享保(きょうほう)13年没、55歳。

[藤原 暹 2016年4月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おかじま‐かんざん【岡島冠山】
江戸中期の儒者。名は璞(ぼく)。字は玉成。長崎の唐通事。京都で林義端(文会堂)の知遇を得て、「通俗皇明英烈伝」を上梓。のち江戸で荻生徂徠(おぎゅうそらい)に学び、また訳社の中心となり徂徠とその弟子に中国語を教えた。稗史(はいし)(=中国の歴史小説)、白話小説(口語文学)に詳しく、「水滸伝」の和訳のほか「唐話纂要」「唐話便覧」「太平記演義」などを著わす。延宝二~享保一三年(一六七四‐一七二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡島冠山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡島冠山の関連情報

関連キーワード

シバージーシバージーデンマーク文学農業革命ボアローマラータ王国井上播磨掾加藤盤斎狩野探幽

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation