@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡崎嘉平太【おかざきかへいた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岡崎嘉平太
おかざきかへいた
[生]1897.4.16. 岡山
[没]1989.9.22. 東京
経営者。 1922年東京大学を卒業,日本銀行に入る。 39年上海の華興商業銀行理事,大東亜省参事官。 45年敗戦処理で国民党政府湯恩伯将軍と交渉。引揚げ帰国後,池貝鉄工,丸善石油再建で評価され,全日空副社長,61年社長となる。 62年高碕達之助経済訪中団に同行以来,日中友好に専念した。高碕の死後,日中民間総合貿易の中心人物となった。 67年全日空社長を退くが,その後も全日空に隠然たる影響力をもった。 78年勲一等瑞宝章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岡崎嘉平太 おかざき-かへいた
1897-1989 昭和時代の実業家。
明治30年4月16日生まれ。日銀をへて,昭和14年上海華興商業銀行理事,18年上海大使館参事官となる。戦後は日中国交正常化,日中貿易推進に尽力し,高碕達之助らと訪中してLT貿易協定をむすんだ。訪中をかさね,周恩来首相と親交があった。36-42年全日空社長。平成元年9月22日死去。92歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「終りなき日中の旅」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おかざきかへいた【岡崎嘉平太】
1897‐1989(明治30‐平成1)
日中交流に尽力した実業家。1922年(大正11)東京帝国大学卒業,日本銀行入行。39年(昭和14)上海の華興商業銀行に移り,45年まで中国に滞在。昭和20年代,経営危機に陥っていた池貝鉄工,丸善石油に迎えられ,それぞれ社長として再建に貢献した。52年に全日本空輸前身である日本ヘリコプター輸送副社長に就任。61年,全日空の2代目の社長となるが,67年,連続墜落事故の責任をとり,退任した。中華人民共和国成立後,一貫して日中国交正常化を唱え,民間貿易の増進に貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡崎嘉平太
おかざきかへいた
(1897―1989)

実業家。岡山県生まれ。1922年(大正11)東京帝国大学法学部を卒業し、日本銀行に入行。29年(昭和4)ドイツに派遣され、39年上海(シャンハイ)華興(かこう)商業銀行の理事、大東亜省参事官となる。終戦時には上海大使館参事官として大陸の日本人引揚げに尽力した。54年日本国際貿易促進協会の常任委員に就任。62年高碕(たかさき)達之助とともに訪中してLT貿易協定を結び、68年日中覚書貿易(MT)事務所代表として、日中国交正常化に大きな役割を果たす。その後も日中経済協会常任顧問として経済関係拡充に尽力した。実業家としては、戦後の混乱期に経営危機に陥った池貝鉄工、丸善石油を建て直し、52年日本ヘリコプター副社長、62年全日本空輸(全日空)社長となる。66年羽田沖、67年松山沖墜落事故の責任をとり、67年辞任。89年9月22日没。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡崎嘉平太」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡崎嘉平太の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール国木田独歩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation