@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岡野貞一【おかの ていいち】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岡野貞一 おかの-ていいち
1878-1941 明治-昭和時代前期の作曲家。
明治11年2月16日生まれ。大正13年母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授となる。「春が来た」「水師営会見」「春の小川」「故郷(ふるさと)」などを作曲し,「尋常小学読本唱歌」「尋常小学唱歌」などの編集にあたった。昭和16年12月29日死去。64歳。鳥取県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡野貞一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡野貞一の関連情報

関連キーワード

清水宏東欧史(年表)近衛文麿内閣マキノ雅広ソビエト連邦史(年表)[各個指定]工芸技術部門チャイコフスキーおもなお雇い外国人スタージェススーパースタジオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation