@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩国市【いわくに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩国〔市〕
いわくに
山口県東部,広島湾に臨み,錦川流域にある市。南東沖の柱島諸島を含み,北東で広島県に,北西で島根県に接する。 1940年岩国町,麻里布町の2町と愛宕村,川下村,灘村の3村が合体して市制施行。 1955年小瀬村,藤河村,御庄村,北河内村,南河内村,師木野村,通津村の7村を編入。 2006年由宇町,玖珂町,本郷村,周東町,町,美川町,美和町の6町1村と合体。中心市街地は旧宿場集落で吉川氏 6万石の城下町として発展。大正末期以降レーヨン,パルプ,紡績工場などが進出。昭和 10年代に入り陸軍燃料廠,海軍航空隊が置かれたが,第2次世界大戦後アメリカ合衆国の空軍基地や石油工場に転用。大型タンカーの入港する岩国港があり,港周辺部は石油コンビナートを中心とする工業地帯を形成。内陸部の西岩国は商店街や旧城下町で,古い町並みや復元された天守閣,国指定名勝錦帯橋があり,観光客でにぎわう。山林が大部分を占め,林業が盛ん。米作やレンコン,ワサビなどの栽培も行なわれる。旧目加田家住宅,吉香神社の本殿などは国の重要文化財に指定。錦川河口付近には国指定天然記念物のシロヘビ生息地がある。南桑 (なぐわ) のカジカガエル生息地,根笠川北岸の岩屋観音窟も国指定天然記念物。岩国行波の神舞,周防祖生の柱松行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。柱島諸島の一部は瀬戸内海国立公園に,北部の寂地山付近は西中国山地国定公園に,羅漢山,鬼ヶ城山などの周辺は羅漢山県立自然公園に属する。山陽新幹線が通り,JR山陽本線は岩国で岩徳線を分岐。錦川に沿って錦川鉄道が通じる。国道2号線,187号線,188号線,376号線,434号線,437号線が市内を縦横に走り,山陽自動車道のインターチェンジがある。面積 873.72km2。人口 13万6757(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわくに‐し〔いはくに‐〕【岩国市】
岩国

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩国市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩国市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation