@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩城島【いわぎしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩城島
いわぎしま
愛媛県北部,芸予諸島の一島。上島町に属する。中央の積善山は標高 368mで展望に優れる。変質粘板岩ホルンフェルスからなり,周囲は黒雲母花崗岩からなる。集落大部分は南側にあり,江戸時代庄屋の三浦家は海駅の本陣であった。東側には塩田跡,西側には県の果樹試験場の分場がある。積善山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。今治因島から観光フェリーなどが就航。面積 8.93km2。人口 2289 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわぎ‐じま〔いはぎ‐〕【岩城島】
愛媛県北部、瀬戸内海中央部の芸予(げいよ)諸島中の島。最高峰は積善山(標高370メートル)。面積8.5平方キロメートルで、ほぼ三角形の形状をしている。北は生口(いくち)島(広島県)、西は伯方(はかた)島に接している。柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわぎしま【岩城島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩城島
いわぎしま

愛媛県北東部、芸予諸島のほぼ中央にある島。越智(おち)郡上島(かみじま)町に属す。島は三角形をなし、面積8.95平方キロメートル。今治(いまばり)から48キロメートル、尾道(おのみち)まで50キロメートルの距離にあり、船便がある。近世には松山藩領、瀬戸内海水運の要地として栄えた。特産のレモンをはじめ、農水産物の開発を行っている。祥雲寺(しょううんじ)観音堂は国の重要文化財、また境内にある巨木の舟形ウバメガシは県指定天然記念物。瀬戸内海国立公園域。人口2134(2009)。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩城島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩城島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation