@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩城氏【いわきうじ】

世界大百科事典 第2版

いわきうじ【岩城氏】
陸奥国岩(石,)城郡(福島県いわき市)の中世豪族。桓武平氏常陸大掾平国香の子孫。平安時代の末に国香の曾孫則道が岩城郡に土着したのがはじまり(一説では忠衡)という。鎌倉時代初期にはもと岩城郡内の好嶋(よしま)荘の地頭となり,一族が荘内および岩城郡内の村々に分かれて定住し,それぞれの村の名を苗字とする一分地頭になった。15世紀に至ってその中の白土氏の系統が一族を統合して戦国大名になり,16世紀中ごろの重隆の代には,北は楢葉郡(福島県楢葉町)から南は常陸国の一部までを領有するに至った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩城氏
いわきうじ
陸奥国(むつのくに)(福島県)磐城(いわき)地方の豪族。桓武平氏(かんむへいし)、常陸大掾(ひたちのだいじょう)平国香(たいらのくにか)の曽孫(そうそん)で、磐城郡に土着して岩城氏を称した則道(のりみち)(隆道)を祖とするものが多いが、「岩城国魂系図(くにたまけいず)」(国魂文書)は高久三郎忠衡(たかくさぶろうただひら)を祖とする。鎌倉時代には郡内の好島荘(よしまのしょう)の地頭として勢力を拡大、南北朝・戦国時代には近隣の伊賀氏らを押さえて戦国大名化し、16世紀なかば重隆(しげたか)のころには、北は楢葉(ならは)郡から南は常陸国(茨城県)の一部に及ぶ領国を形成した。その後佐竹(さたけ)氏の勢力下に入った。1590年(天正18)豊臣秀吉(とよとみひでよし)より磐城12万石を与えられたが、関ヶ原の戦い不参のかどで1602年(慶長7)徳川氏により所領没収。1616年(元和2)大坂の陣参加の功により信濃国(しなののくに)(長野県)川中島(かわなかじま)1万石を与えられ、1623年出羽国(でわのくに)(秋田県)亀田(かめだ)2万石に移り、幕末に至った。[小林清治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩城氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩城氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation