@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩城【いわき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩城
いわき
秋田県西部由利本荘市北部の旧町域。日本海に面し,北は秋田市に接する。 1955年川村と亀田町が合体して岩城町が発足。 2005年本荘市,矢島町,由利町,東由利町,西目町,鳥海町,大内町と合体して由利本荘市となった。中心集落の亀田は,江戸時代には岩城氏2万石の城下町であった。北部の道川は砂丘地で野菜栽培が行なわれる。またプラムを特産し,プラムワインもつくられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩城
いわぎ
愛媛県北東部,備後灘西端,芸予諸島岩城島赤穂根島,津波島の3島からなる地区。旧村名。 2004年 10月,魚島村,弓削町,生名村と合併し,上島町となる。柑橘類を栽培し,県の果樹試験場の分場がある。旧庄屋三浦家はかつて松山藩主の参勤交代の宿泊所で,本陣が昔のまま残っている。西部の祥雲寺観音堂は室町時代の建築で,重要文化財。岩城島の中央部積善山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。今治因島から観光フェリー,高速船の便がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわ‐き〔いは‐〕【岩城/城】
岩で囲まれた、石のとりでのような所。岩窟(がんくつ)。
棺を納める石室。
「事しあらば小泊瀬(をはつせ)山の―にも隠らば共にな思ひ我が背」〈・三八〇六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

岩城
秋田県由利本荘市にある道の。国道7号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation