@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩屋寺【いわやじ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩屋寺
いわやじ

京都市山科(やましな)区西野山桜ノ馬場町にある曹洞(そうとう)宗の寺。智証(ちしょう)大師(円珍(えんちん))の作と伝えられる本尊の不動明王は、浅野家の遺臣大石良雄(よしお)が山科に隠棲(いんせい)していたときの念持仏であった。境内には47人の赤穂(あこう)義士の木像を安置する木像堂、大石良雄植髪之墓がある。寺宝として大石の手跡が残されており、義士ゆかりの寺として訪れる人が多い。

[菅沼 晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

岩屋寺
愛媛県上浮穴郡久万高原町にある真言宗豊山派寺院山号は海岸山、本尊不動明王弘法大師(空海)の開創と伝わる。四国八十八ヶ所霊場第45番札所。標高700mに位置する山岳霊場で、寺域にある連なる岩の「古岩屋」は国の名勝大師堂は国の重要文化財に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩屋寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩屋寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation