@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩崎小弥太【いわさきこやた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩崎小弥太
いわさきこやた
[生]1879.8.3. 東京
[没]1945.12.1. 東京
大正・昭和期の三菱財閥当主 (第4代) 。岩崎弥之助の長男で,1905年ケンブリッジ大学卒業。 16年岩崎久弥に代って三菱合資の社長となり,以後第2次世界大戦末まで社長のにあり,三菱財閥轄した。この間合資会社の事業であった造船商事,銀行,倉庫,地所を独立させ,さらに電機石油,化学などの諸事業を興し,三菱財閥を発展せしめ,現在の三菱グループの基礎はこの時期に確立されたといえる。第2次世界大戦後に三井,住友安田の3財閥が自主的に解体を申出たのに対して,三菱財閥の自主的解体には最後まで反対したが,解体指令を受けて関係会社の役員をすべて辞任した。また企業以外の学術・文化面の事業には成蹊学園 (現成蹊大学) ,三菱経済研究所,東京フィルハーモニー交響楽団などの設立,助成がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわさき‐こやた〔いはさき‐〕【岩崎小弥太】
[1879~1945]実業家。東京の生まれ。弥之助の長男。三菱財閥第4代指導者。三菱合資を持株会社とし、海運・商事・造船を中心とする財閥を完成させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岩崎小弥太 いわさき-こやた
1879-1945 大正-昭和時代前期の実業家。
明治12年8月3日生まれ。岩崎弥之助の長男。三菱財閥4代目。大正5年三菱合資社長となる。製鉄,電機,航空機など重工業部門に進出,財閥の最盛期をきずく。東京フィルハーモニーや成蹊学園をつくった。昭和20年12月2日死去。67歳。東京出身。ケンブリッジ大卒。
【格言など】利益をあげるのが事業の当然の目的だが,第一の目的は国利民福に寄与することだ(経営哲学)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いわさきこやた【岩崎小弥太】
1879‐1945(明治12‐昭和20)
大正・昭和前期の実業家。三菱財閥の完成者。岩崎弥太郎の弟弥之助の長男,母は後藤象二郎の長女早苗。東大法科をへて1905年にケンブリッジ大を卒業。翌年に三菱合資会社の副社長となり,東京フィルハーモニック・ソサエチーや成蹊学園を創立した。16年に弥太郎の長男久弥をついで三菱合資の第4代社長になり,造船,商事,鉱業,銀行などの分系会社を独立させ,製鋼,航空機,電機,石油,化学などの新会社を設立,重工業を発展させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いわさきこやた【岩崎小弥太】
1879~1945 実業家。東京生まれ。ケンブリッジ大卒。弥之助の長男。1916年(大正5)三菱合資社長に就任、各事業部を株式会社として独立させ三菱財閥を完成。重工業を発展させ、海外進出を強化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩崎小弥太
いわさきこやた
(1879―1945)
実業家。三菱(みつびし)財閥の4代目当主。弥之助(弥太郎の弟)の長男。明治12年8月3日生まれ。旧制第一高等学校、東京帝国大学(中退)を経て、1905年(明治38)ケンブリッジ大学を卒業し、翌年に三菱合資会社の副社長、1916年(大正5)社長に就任した。理想主義とナショナリズムをあわせもち、優れた企業者資質によって三菱の各部門の拡大戦略を実施し、1917年から各事業部を株式会社として独立させ、財閥の形態を完成した。商事、銀行のほかに造船、製鉄、電機、内燃機、重工業、化成などの各企業によって、三菱を日本最大の重工業企業集団に成長させた。第二次世界大戦後の財閥解体政策に最初は強い抵抗を示したが、ついに三菱本社社長をはじめ10社の取締役を退任し、昭和20年12月2日に大動脈瘤(りゅう)破裂によって死亡した。小弥太は文化人としても活躍し、東京フィルハーモニー会の後援、父弥之助収集の静嘉堂(せいかどう)文庫の完成、成蹊(せいけい)学園への援助、三菱経済研究所の創設などを行い、また俳人としても活躍し、巨陶と号した。[三島康雄]
『岩崎小弥太伝編纂委員会編『岩崎小弥太伝』(1957) ▽三島康雄著『三菱財閥史 大正昭和編』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩崎小弥太」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩崎小弥太の関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)陸軍省内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation