@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩崎弥之助【いわさきやのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩崎弥之助
いわさきやのすけ
[生]嘉永4(1851).1.8. 土佐
[没]1908.3.25. 東京
三菱財閥の2代目の当主。岩崎弥太郎の弟で,弥太郎の在世中はその補佐役であったが,1885年兄のあとをうけて三菱会社の社長となり,敵対していた共同運輸会社と合併して日本郵船会社を設立。その後も鉱山,銀行,造船など諸事業を発展させ,三菱財閥確立させた。 93年三菱合資会社に改組し,弥太郎の嗣子久弥に社長を譲って引退,96年日本銀行総裁となる。彼の在任期間は短かったが,金本位制の確立,恐慌対策において努力するところがあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわさき‐やのすけ〔いはさき‐〕【岩崎弥之助】
[1851~1908]実業家土佐の人。弥太郎小弥太の父。三菱財閥第2代統率者。事業多角化につとめ、銀行・鉱山・造船などを一体とした三菱合資会社を発足させた。第4代日本銀行総裁。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岩崎弥之助 いわさき-やのすけ
1851-1908 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)4年1月8日生まれ。岩崎弥太郎の弟。三菱財閥2代目。明治18年病死したをつぎ郵便汽船三菱社長となる。共同運輸と合併し日本郵船を設立するとともに海運事業から転換。鉱業,造船,銀行などの事業をすすめる。26年甥(おい)の岩崎久弥と三菱合資を創立。29年第4代日銀総裁。静嘉堂文庫をつくった。明治41年3月25日死去。58歳。土佐(高知県)出身

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いわさきやのすけ【岩崎弥之助】
1851‐1908(嘉永4‐明治41)
明治期の実業家,土佐生れ,岩崎弥太郎の弟。1867年(慶応3)に土佐藩校致道館,69年(明治2)に大阪の重野安繹に学び,72年にニューヨークに留学翌年帰国して三菱商会副社長,85年弥太郎の死後に社長となり,郵便汽船三菱会社を共同運輸と合同して日本郵船が誕生。翌年に三菱社を設立,鉱業・造船・金融・地所(丸ノ内ビル街や小岩井農場)などへ転進し,堅実な経営で三菱財閥の基礎を築く。93年の三菱合資会社の設立を機に,社長を弥太郎の長男岩崎久弥へ譲り,96年に日銀総裁となって金本位制の実施を指導。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いわさきやのすけ【岩崎弥之助】
1851~1908 実業家。土佐の人。弥太郎の弟。日本郵船、三菱合資会社を設立、三菱財閥の事業多角化に努めた。日銀総裁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩崎弥之助
いわさきやのすけ
(1851―1908)
三菱(みつびし)財閥第2代の統率者。明治の代表的な実業家。嘉永(かえい)4年1月8日、土佐国安芸(あき)郡井ノ口村(高知県安芸市)に三菱の創業者弥太郎(やたろう)の弟として生まれる。藩校致道館(ちどうかん)や大坂の成達(せいだつ)書院に学び、兄弥太郎の片腕となって九十九(つくも)商会以来の草創期三菱の事業に尽力した。1885年(明治18)弥太郎の死後、海運業を分離した後の三菱社の社長となり、事業多角化に努め、93年財閥本社(三菱社)、銀行、鉱山、炭礦(たんこう)、造船などを一体とした三菱合資会社を発足させた。その際、社長を弥太郎の長男久弥(ひさや)へ譲り後見役に退いた。96年第4代日銀総裁に就任。なお同年には久弥とともに男爵を授けられた。妻早苗(さなえ)は後藤象二郎(しょうじろう)の娘、長男小弥太(こやた)は第4代の三菱財閥統率者になる。[松元 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩崎弥之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩崎弥之助の関連情報

関連キーワード

アメリカズカップカルフーンケルビンリゴレットウィンエイクマンギュツラフケルネルコサンドジョーダン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation