@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩崎藩【いわさきはん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩崎藩
いわさきはん
出羽(でわ)国秋田地方の外様(とざま)藩。秋田新田(しんでん)藩ともいう。藩主は佐竹氏。1701年(元禄14)、秋田藩主佐竹義処(よしずみ)の弟義長(よしなが)が、2万石を新田分知されて立藩した。『土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)』42には、本知2万石とあるので、1690年(元禄3)ころにはすでに本藩から分立していたと思われる。この分知は所領の分与ではなく、特定の領地をもたない「分知御蔵高(ぶんちおくらだか)」で、したがって支配組織をもたなかった。藩主は江戸に定府(じょうふ)。1868年(明治1)居地を河辺(かわべ)郡椿台(つばきだい)に構え、翌69年には雄勝(おがち)郡岩崎に移った。領地は70年に岩崎村など35か村を与えられ、佐竹義(よしつま)が岩崎藩知事となった。71年岩崎県となり、同年秋田県に編入された。藩校は1868年に設置された勅典館(文武館)。[長谷川成一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

岩崎藩
出羽国、秋田地方外様藩。秋田藩(久保田藩)の支藩元禄時代に秋田藩主、佐竹義処の弟義長が2万石の分知を受けて立藩。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩崎藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩崎藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation