@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩床【がんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩床
がんしょう
sheet
火成岩の貫入形態の一つ。地層の層理面にほぼ平行に貫入した板状火成岩体 (シル sill) をさして用いられるが,地層面との関係を考えず,傾いた板状の貫入岩体に用いられることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐しょう〔‐シヤウ〕【岩床】
マグマが地層中に貫入し、板状に広がって固結した火成岩体。シート

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

岩床
板状の形態をした貫入岩体[Hatch : 1888].岩床と地層との関係はあいまいで,かなり傾斜して交差した岩体の総称である.地層に沿って水平に近ければシル(sill)といい,地層を切って垂直に近いものは岩脈というので,岩床はその中間的なものである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんしょう【岩床 sheet】
岩脈のように直立しない板状貫入岩体の総称で,一般には傾斜した板状貫入岩体を岩床とよぶ。とくに地層面に平行でしかも水平に貫入したものはシルとよぶ。なお地層を切っていることを強調するときは,斜交岩床transgressive sheetということがある。岩床はその貫入状態によっていろいろの種類に分けられることがある。 (1)複合岩床composite sheet 異なる組成マグマが連続的に貫入して生じた岩床。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩床
がんしょう
sheet

板状の火成岩体で、その周囲にある地層の層理面や変成岩の面構造に平行またはほぼ平行に貫入しているもの。シートともいう。一般的に45度程度まで傾斜した板状火成岩体に用いられ、急傾斜であったり垂直に傾いたものは岩脈dikeとして区別される。岩床は、ほぼ水平なシルsillと同義に使われることもあれば、周囲の堆積(たいせき)岩の層理面や面構造と斜交しているものにも使われることがあり、シルよりも広い意味で用いられている。

[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐しょう ‥シャウ【岩床】
〘名〙 貫入岩体の形態の一つ。水平面あるいは地層面とあまり大きくない角度で貫入した板状の岩体で、岩脈のように直立していないものについていう。シルと混用される。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩床の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation