@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩手山【いわてさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩手山
いわてさん
岩手県北西にある火山活火山で,常時観測火山。別称巌鷲山(がんじゅさん),南部富士岩手富士南部片富士。標高 2038m。岩手県を代表する山で,山域は八幡平市滝沢市雫石町の 3市町に及ぶ。東西に連なって噴出した成層火山十和田八幡平国立公園最高峰で,那須火山帯に属し,山頂は東岩手山と西岩手山の二つに分かれる。東岩手山は二重式火山(→複式火山)で,おもに輝石安山岩からなり,頂上に直径約 1kmの大噴火口をもつ。火口壁の北縁に最高峰の薬師岳が,火口原には中央火口丘の妙高山がある。御室火口からはいまも水蒸気を噴出。北東斜面の中腹には享保17(1732)年に噴出した長さ約 3kmに及ぶ焼走り熔岩流(国指定特別天然記念物)がある。西岩手山は三重式火山で,山体は輝石安山岩,橄欖岩の溶岩と砕屑岩(さいせつがん)からなる。頂上に東西 3km,南北 2kmの大噴火口があり,その外輪山の北壁を屏風尾根,南壁を鬼ヶ城と呼ぶ。中央火口丘の頂上には直径約 450mの噴火口,御苗代湖,御釜湖がある。いずれも濃い青藍色の水をたたえている。8合目にはかつて盛岡地方気象台の岩手山測候所(→測候所)があったが,1973年に閉鎖された。東から柳沢口,平笠口,南から網張温泉口,北から七滝口,松川温泉口などの登山コースがある。不動平火口原から頂上にかけて,新旧火山の相違や高山植物の種類,発生状態が区域により異なることが観察され,岩手山高山植物帯として国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわて‐さん〔いはて‐〕【岩手山】
盛岡市の北西にある火山。標高2038メートル。北麓金沢清水名水で知られる。南部富士。岩手富士。巌鷲山(がんじゅさん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわてさん【岩手山】
岩手県西部,盛岡市の北西に位置する円錐形の火山。標高2041m。岩手県内の最高峰で南部富士といわれ,東・北・南側のすそ野の発達がよく,その末端はそれぞれ松川,北上川,雫石(しずくいし)川にまで至るが,西側は複雑な山容を示すことから南部の片富士の名もある。山体は噴出時代の異なる東西両岩手山からなり,古い西岩手山の東側を,新しい東岩手山が覆っている。西岩手山は頂上に東西3km,南北2kmの大火口をもち,その外輪山の北壁を屛風岳,南壁を鬼ヶ城と呼び,火口内には御釜,御苗代(みなわしろ)の両湖があり,濃い青藍色の水をたたえている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩手山
いわてさん

岩手県中西部、盛岡市の北部にそびえる山。標高2038メートル。コニーデ式火山で、南部富士、岩手富士ともいう。複合火山のため眺める位置によって形が変わり、南部片富士ともよばれる。山岳信仰の対象であった山で、古くは巌鷲山(がんじゅさん)ともよばれた。山体は二つの火山からなり、古い西火山の火口は東西約3キロメートル、南北約2キロメートルの紡錘形をなし、屏風(びょうぶ)岳、鬼ヶ城の外輪山と中央火口丘がある。東岩手山は西岩手山の東斜面に形成された新しい火山で、噴気孔がみられ活火山の様相を呈している。1719年(享保4)の噴火は特徴的で、北東斜面から多量の「焼走り熔岩流(やけはしりようがんりゅう)」(特別天然記念物)を流出した。新旧火山の相違や高山植物の種類、群落の移り変わりが観察され、「岩手山高山植物帯」として国の天然記念物に指定されている。十和田八幡平(はちまんたい)国立公園の南部を占め、湿原、湖沼、渓谷、温泉など、主として火山性景観が展開。岩手山北西麓(ろく)には松川温泉、松川地熱発電所(2万キロワット)があり、南西麓には網張(あみはり)、滝ノ上(たきのうえ)温泉や葛根田(かっこんだ)地熱発電所(8万キロワット)がある。また、緩やかな山麓斜面は第二次世界大戦後は開拓入植により牧野が広がり、一本木には自衛隊演習地もある。登山口は、信仰登山のため開かれた柳沢口、西岩手山の複雑な景観を展開する網張温泉口などがある。

[川本忠平]

『『岩手山 第一部』(1973・岩手放送)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

岩手山
(岩手県)
日本百名山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

岩手山
(岩手県)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いわて‐さん いはて‥【岩手山】
岩手県盛岡市北西方にある円錐火山。山麓の原野は放牧が盛ん。十和田八幡平国立公園の一部。標高二〇三八メートル。南部富士。岩手富士。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわて‐やま いはて‥【岩手山】
同音の繰り返しで、「いはで」にかかる。
※古今六帖(976‐987頃)二「いはて山いはでながらの身のはてはおもひしこととたれかつげまし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩手山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩手山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation