@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩松【いわまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩松
いわまつ
愛媛県南西部,宇和海に臨む湾入の奥 (岩松川河口南岸) にある宇和島市集落。旧町名。 1955年近隣5村と合体して津島町となり,2005年1市3町が合体して宇和島市となった。江戸時から,豪商として知られた小西一族がおり,津島郷の物産集散地であった。小西家の白壁土蔵造屋敷がいまも残る。名高い笹屋の千石船も発着した船着場は,初め町の中心にあったが,たび重なる松川の氾濫により三角州が延び,現在は中心から離れて位置している。獅子文六の小説『てんやわんや』の舞台としても知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐しょう【岩松/×巌松】
岩の上に生えた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわ‐まつ〔いは‐〕【岩松】
イワヒバの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわまつ【岩松】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いわまつ【岩松】
イワヒバの別名。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩松
いわまつ
愛媛県西部、宇和島市津島町地区の中心地域。旧岩松町。岩松川河口に位置し、流域を後背地として商業が盛ん。蔵造りの商家など、古い町並みが残る。旧庄屋(しょうや)小西家は獅子文六(ししぶんろく)が『てんやわんや』を執筆した所として知られる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

岩松 (イワマツ)
植物。イワヒバ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物。イワヒバの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いわ‐まつ いは‥【岩松】
〘名〙
① 植物「いわひば(岩檜葉)」の異名。《季・夏》 〔物類品隲(1763)〕
② 丁稚小僧をいう。
※明治冠附集(1881)「ツン州 岩松(イハマツ)めふとんまくるまで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩松の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation