@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩相【がんそう】

岩石学辞典

岩相
堆積物の総合的な岩石的性質[Dunbar & Rodgers : 1957].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩相
がんそう
lithofacies
広義には、岩石の見かけ、すなわち色や組織などの様のこと。なんらかの意味で岩石の生成条件を反映している。粗粒の花崗(かこう)岩が斑(はん)状あるいは細粒になったり、礫(れき)岩が砂岩に、砂岩が泥岩に移り変わったりするとき、岩相が変化しているという。地質時代のサンゴ礁と現在熱帯にみられるサンゴ礁、地質時代の溶岩と現在噴出した溶岩は、生成時代が違っていても同相あるいは等相という。同時代に形成されても、岩相が異なれば異相であるという。狭義には、堆積(たいせき)岩において、堆積環境を示すものとして、砂岩相、石灰岩相、チャート卓越相のように、生物相すなわち化石内容と対応的に用いられる。[斎藤靖二]
『八木下晃司著『岩相解析および堆積構造』(2001・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐そう ‥サウ【岩相】
〘名〙 堆積岩の組成、粒度、淘汰(とうた)度など、堆積環境を指示する特徴をいう。礫岩(れきがん)相、砂岩相、石灰岩相などがあり、それぞれに一つの堆積環境が対応する。広義には、岩石一般の岩質、組成、組織などのようすを概括的にいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩相の関連情報

関連キーワード

サブレヴェーション掃流遺骸群集生活圏生相生体群集生物相准整合無整合単純斜交成層

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation