@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩礁【がんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩礁
がんしょう
reef
の一つ。海面あるいは海面近くにあるで,船舶航行に危険となる 20m以浅の浅瀬。ごつごつした岩からなる磯海岸や火山島の周辺で多く見られる。前者は磯が砕波により浸食され沖側に取り残された浅瀬で,後者は海底火山により隆起した火山島の一部である。海面への露出状態によって区別され,干満差が最も大きい春・秋の大潮の満潮時でも海面上にある水上岩,満潮時に水没するが干潮時に水面上にある干出岩波浪が高いときに現れる洗岩,干潮時でも水面下にある暗岩などがある。岩礁は沿岸流の向きを変え,波を砕けさせることがある。岩礁地の上部には巻貝類イソギンチャク類の動物が生息する。下部にはカジメなどの海藻が生い茂り,カニやエビなどの甲殻類やタコなど軟体動物アワビサザエなど貝類の生息場,稚魚の成育場でもある。低緯度の澄んだ海水域ではサンゴ礁が発達する。砂や泥などが堆積し浅瀬となっている場を瀬と呼ぶ。サンゴ礁や瀬も岩礁同様,船舶の航行を妨げる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐しょう〔‐セウ〕【岩礁】
水中に隠れている大きな岩。また、水面上にわずかに出ている岩。
[補説]海図では、干潮時や満潮時の海面の高さを基準に、水上岩干出岩洗岩暗岩に区別する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんしょう【岩礁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんしょう【岩礁】
水面下に隠れている岩。また、頂部がわずかに水面上に出ている岩。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はえ【岩礁】
海中の暗礁。陸から海中に突き出している岩礁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐しょう ‥セウ【岩礁】
〘名〙
① 海水中にかくれている大きな岩。また、海面にわずかに出ている岩。暗礁。
※玉石志林(1861‐64)一「是に諸島諸嵓礁の精密なる記録を附す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩礁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩礁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation