@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩船【いわふね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩船
いわふね
新潟県北部,日本海岸にある村上市の集落。旧町名。 1954年近隣町村と合体して村上市となる。砂丘北端に位置し,大化4 (648) 年に設置された磐舟柵がある。近世村上藩の番所がおかれ,藩米の積出港となった。現在は小型底引網と板引網漁業の根拠地。粟島定期航路が開かれている。付近瀬波笹川流れ粟島県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわ‐ふね〔いは‐〕【岩船/×磐船】
高天原から下界に下りるときに神が乗るという堅固な船。
「天探女(あまのさぐめ)が―の泊(は)てし高津は」〈・二九二〉
[補説]曲名別項。→岩船

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわふね【岩船】[謡曲]
謡曲。脇能物勅使が高麗唐土の宝を求めて摂津国住吉のに下り、天探女(あまのさぐめ)竜神から貢ぎ物を受ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわふね【岩船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩船
いわふね

新潟県北部、村上市の一地区。日本海岸にある旧漁港で、粟島(あわしま)への渡航基地でもある。港は蒲原(かんばら)砂丘の北端にあたる旧岩船潟の排水河川である石川の河口港で、近世は松前航路の寄港地としても栄えた。また、磐舟柵(いわふねのき)跡の碑も残り、式内社石船(いわふね)神社があり岩船大祭は有名。諸上(しょじょう)寺の境内にあったこの地方の古文化を展示する磐舟文華(ぶんか)博物館の収蔵品は、現在は村上歴史博物館に展示されている。

[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation