@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岩間温泉【いわまおんせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩間温泉
いわまおんせん

石川県白山市(はくさんし)尾添(おぞう)にある温泉。白山北麓(はくさんほくろく)にあり、露天風呂(ぶろ)と無人ヒュッテしかない温泉であるが、森林に囲まれた野趣あふれる山の湯で、元湯となっている。泉質は塩化物泉。泉源は古くから知られていたが、1920年(大正9)の尾添の大火後、復興のため、この温泉を開発し、これを経由する白山登山路を開いた。岩の間より湧(わ)き出ることから当時の郡長が1924年岩間温泉と名づけた。付近の谷底に石灰華よりなる岩間の噴泉塔群があり、特別天然記念物に指定されている。湯元は交通不便なため、下方に、1954年(昭和29)引き湯して新岩間温泉を、1976年さらに下方に白山一里野(いちりの)温泉(同じく元湯からの引き湯)を開設した。ここにはスキー場、テニスコートなどもあり、年間利用されている。北陸鉄道鶴来(つるぎ)駅からバスの便(乗りかえ)がある。

[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

岩間温泉
石川県白山市、白山北麓にある温泉。名称は温泉がの間から湧き出ることから。付近には湧き出る温泉による炭酸石灰噴泉塔があり、「岩間の噴泉塔群」として国の特別天然記念物に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩間温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩間温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation