@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岳陽楼【ガクヨウロウ】

デジタル大辞泉

がくよう‐ろう〔ガクヤウ‐〕【岳陽楼】
岳陽市城壁の西門開元年間、岳州府長官の張説(ちょうえつ)が才士たちと楼に登って作った杜甫の詩などによって、洞庭湖眺望の絶景地として有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくようろう【岳陽楼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

がくようろう【岳陽楼】
中国の湖南省北東部、同国第2の淡水湖・洞庭湖(ドンティンフー)の東北端にある、江南の三大名楼の一つに数えられる楼閣。同省の岳陽(ユエヤン)市にある。215年に、水兵の訓練の閲兵楼として建てられた高さ21mの3階建ての木造建築で、古くからここで眺める洞庭湖は絶景と賞賛され、杜甫や李白、白居易(白楽天)、孟浩然、范仲庵などの文人が訪れ、詩を詠んだところとして知られる。杜甫の詩「登岳陽楼(岳陽楼に登る)」は有名である。また、北宋の時代の范仲淹の「岳陽楼記」は、「先天下之而憂後天下之楽而楽(天下の憂に先んじて憂い、天下の楽に後れて楽しむ)」の一節で有名である。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がくよう‐ろう ガクヤウ‥【岳陽楼】
中国、湖南省岳陽の町を囲む城壁の西門の楼。三層楼で、洞庭湖に臨み、左方湖中の君山に対する眺めは絶景とされ、多くの詩に詠まれている。〔杜甫‐登岳陽楼詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岳陽楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岳陽楼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation