@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸壁【がんぺき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岸壁
がんぺき
quay wall; wharf
船舶の係留,船荷の積卸し,船客乗降のため,港湾運河埠頭に沿って造られたで,係船岸ともいい,特に水深 4.5m以上のものが岸壁と呼ばれる。船舶の長さや,喫水に対して十分な余裕をもち,船舶の衝撃力,牽引力,積荷の載荷重,土圧,水圧に耐える強固な構造をもっていることが必要である。係留設備として,係船柱およびはしけ用の小舟止めを備え,荷役に必要な諸設備として荷役機械 (クレーン,輸送管) ,鉄道引込み線,給排水施設,電気設備などを備えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐ぺき【岸壁】
船舶を横づけするために、港や運河の岸に沿い、垂直に築いた擁壁。
壁のように険しく切り立った岸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんぺき【岸壁 quay】
係船岸ともいう。水際線において,船を接岸して係留するための港湾施設で,鉛直の壁で地の土圧を直接支えた構造物をいう。水深4.5m以下のところに設けられる小さいものを物揚場ということがある。陸地を保全するために設ける護岸,あるいは陸地の土圧をいったん護岸で支え,係留施設を脚柱で支持する桟橋とは区別される。自然の状態のままの海岸線では,喫水の大きい船は陸に近寄れないことが多く,この場合大きな船は沖に停泊し,はしけのような小型の船で積荷の揚げ降ろし,旅客乗り降りを行わねばならないが,必要な水深が確保できるところに岸壁を設置すれば船を直接接岸させることにより海陸輸送を円滑に行うことが可能となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岸壁
がんぺき
quaywall

船舶を係留する係船施設の一つの呼び方で、水底から鉛直に立ち上がる壁体または壁面をもち、これらの前面水域に船舶が係留され、これらの背後は土砂で埋め立てられて陸地となり、そこにいろいろな埠頭(ふとう)施設が設置される。このような構造形式をもつ係船施設を岸壁と総称している。

 構造形式には、重力式、矢板式、棚式、セルcellular式などがある。重力式は、鉄筋コンクリートケーソン、コンクリートブロックまたはL形擁壁(ようへき)などで壁体をつくり、それぞれの重さで背後から作用する土圧に対抗する様式で、あまり大型の岸壁でなく、地盤が良好な所に向いている。ただし耐震性には劣るところがある。矢板式は、壁面を矢板で構成するもので、背後からの土圧はこの矢板で支える。砂質地盤などに適しており、施工が容易で工費が安くなる。近年では合成矢板、鋼管矢板など断面の大型なものが利用できるようになり、水深の大きい岸壁にも用いられている。矢板式は、矢板の控え工が杭構造になると耐震性が強化される。棚式は、矢板式の変種で、貨物などの上載荷重や地震時の荷重は杭(くい)で受け持ち、土圧は矢板で支える構造にしたものである。セル式は、直線矢板または鋼板で直径十数メートルの円筒をつくり、内部に土砂を充填(じゅうてん)して壁体となし、これを連続させたものである。矢板式、棚式、セル式など鋼材を用いる岸壁は、海水による腐食作用を防ぐため防食の処理が必要である。

[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐ぺき【岸壁】
〘名〙
① けわしく切り立った岸。壁のようにそそり立っている岸。
※仮名草子・智恵鑑(1660)八「岸壁(ガンヘキ)そばたちそびえて、きはめて険阻なる所有」
② 船舶を横づけにし、船客の乗降や荷物の積みおろしをするための港湾や運河の埠頭(ふとう)。また河岸などに設けられた石またはコンクリート造の壁。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉二「謙作の乗った船は何時か岸壁(ガンペキ)を離れて居た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸壁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation