@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸本調和【きしもと ちょうわ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岸本調和 きしもと-ちょうわ
1638-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永15年生まれ。陸奥(むつ)岩代(いわしろ)(福島県)の人。江戸の石田未得(みとく)に師事。俳諧(はいかい)宗匠としてたち,大名や旗本を門人にもち勢力をほこったが,松尾芭蕉(ばしょう)らの台頭で前句付点者に転向した。正徳(しょうとく)5年10月17日死去。78歳。別号に土斎,壺瓢軒。俳諧撰集に「富士石」,前句付集に「洗朱(あらいしゅ)」。
【格言など】此(この)一句衆議判はなし木枯の(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きしもとちょうわ【岸本調和】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きしもとちょうわ【岸本調和】
1638~1715 江戸前・中期の俳人。奥州岩代国の人。武士階級を中心に門人を拡大し、江戸俳壇で最大勢力を誇ったが、蕉門の擡頭で退潮。著「富士石」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きしもと‐ちょうわ【岸本調和】
江戸前期の俳人。別号、壺瓢軒・土斎。陸奥岩代の生まれ。江戸に住み、はじめ安静、のち未得の門。江戸の談林俳人として著名。また雑俳にも力を注いだ。活躍期は長く、元祿・宝永・正徳期に及んでいる。編著「富士石」「洗朱」「夕紅」など。寛永一五~正徳五年(一六三八‐一七一五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本調和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸本調和の関連情報

関連キーワード

ルイルイルイ(14世)ルイ王朝様式ルイ[14世]ルイ14世ルイ14世ルイ(14世)島原・天草一揆ディナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation