@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸本【きしもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岸本
きしもと
鳥取県西部,伯耆町北部の旧町域。米子平野の南東部から大山西斜面にかけて広がる。 1955年大幡村,八郷村,幡郷村の一部が合体して町制。 2005年溝口町と合体して伯耆町となった。中心集落の岸本は日野川谷口集落開拓古く,河岸段丘上に古墳,平野部に条里制遺構がみられる。大寺廃寺 (白鳳期創建) 跡があり,古代は米子地方の文化の中心地であったと推定される。産業は農業と畜産。大山西斜面は大平原,水無原と呼ばれ,キャンプ,ハイキング,登山,スキーの好適地。水無原は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本
きしもと
高知県東部,香南市南部の旧町域。香長平野の東部にある。 1901年町制施行。 1955年近隣5村と合体して香我美町となり,2006年赤岡町,野市町,夜須町,吉川村と合体して香南市となった。土佐湾に面し,香宗川河口付近の砂丘を占め,国道 55号線沿いに開ける。古くからの商業地で,『土佐日記』の宇多ノ松原はこの地にあったといわれる。市街地は西の赤岡と連続している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きしもと【岸本】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岸本
きしもと
鳥取県西部、西伯郡(さいはくぐん)にあった旧町名(岸本町(ちょう))。現在は伯耆町(ほうきちょう)の北部地域。1955年(昭和30)大幡(おおはた)、幡郷(はたさと)、八郷(やごう)の3村が合併して成立。2005年(平成17)日野(ひの)郡の溝口町(みぞくちちょう)と合併、伯耆町となる。旧町域は、日野川微扇状地の扇頂部と大山(だいせん)の裾野(すその)に開け、JR伯備(はくび)線、国道181号(出雲(いずも)街道)が通じ、米子(よなご)自動車道の溝口インターチェンジが近い。条里遺構のほか周辺には古墳群が多い。大殿(おおとの)地区の大寺廃寺跡(おおでらはいじあと)では、推定白鳳(はくほう)期の塔、堂跡、回廊跡、瓦(かわら)積み基壇などのほか、山陰唯一の三段舎利孔(しゃりこう)をもつ心礎(しんそ)が知られ、石製鴟尾(しび)は日本有数で国の重要文化財である。[岩永 實]
『『岸本町誌』(1983・岸本町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きしもと【岸本】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation